ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の申請期限を延長します。

本文

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の申請期限を延長します。

発表日:2021年8月31日 13時00分 印刷
担当課:
保護・援護課
直通:
092-643-3315
内線:
3288
担当者:
堺、藤原

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の申請期限を延長します。

  新型コロナウイルス感染症による影響の長期化に伴い、緊急小口資金等の特例貸付の借入限度額に達している等の事情で特例貸付を利用できなくなった世帯を対象とした「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」について、8月31日までとしていた申請期限を11月30日まで延長します。

 なお、支給対象者、金額については、変更はありません。

1 申請期限・窓口

 (1)期限

    令和3年11月30日(火曜日)

 (2)窓口

福岡県自立相談支援事務所

   申請の際、支給対象の確認を行うため、住民票や収入・資産の状況が確認できる書類が必要となります。詳細は県HPでご確認のうえ、福岡県自立相談支援事務所にご相談ください。https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/seikatukonkyuushajiritusiennkin.html

※市にお住まいの方は、各市によって窓口が異なりますので、下記を参照いただき、各市の窓口にご確認ください。

   新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請窓口一覧 [PDFファイル/144KB]

 

2 支給対象者

  緊急小口資金等の特例貸付を利用できなくなった世帯(特例貸付の再貸付まで借り終わった世帯や再貸付について不承認とされた世帯など)のうち、一定の要件を満たす世帯

    ・収入  『(1)市町村民税均等割非課税所得(月額)+(2)住宅扶助基準額(月額)』以下

    【例】糟屋郡 単身世帯122,100円、2人世帯168,000円、3人世帯205,000円

    ・資産(預貯金) 上記(1)の6倍以下(ただし、100万円以下)

    ・求職活動等   ハローワークへの求職申込みや応募・面接等又は生活保護の申請

    ・上記以外の要件も含めた詳細は、県ホームページをご覧ください。

3 自立支援金の金額

    自立支援金は、1か月ごとに支給し、その金額は、申請者及び当該申請者と同一の世帯に属する者の数に応じて、以下のとおりです。(返済不要)

    ・単身世帯      6万円/月額 (最大3か月で合計18万円)

    ・2人世帯       8万円/月額 (最大3か月で合計24万円)

    ・3人以上世帯   10万円/月額 (最大3か月で合計30万円)