ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「特定危険薬物」の新規指定について

本文

「特定危険薬物」の新規指定について

発表日:2019年6月13日 14時00分 印刷
担当課:
保健医療介護部薬務課
直通:
092-643-3287
内線:
3143
担当者:
服部、児玉

「特定危険薬物」の新規指定について
~2物質を特定危険薬物に指定~

福岡県では、「福岡県薬物の濫用防止に関する条例」第14条の規定に基づき、新たに2物質を特定危険薬物*に指定します。
今回の指定は、東京都が知事指定薬物を指定することを受け、本県においても、広域的な連携に基づき特定危険薬物に指定するものです。
6月14日から、この物質等を含む物品の製造・販売・所持等が禁止されます。
福岡県では、条例に基づき県民、事業者、医療・教育機関などの皆さんと連携、協力して福岡県から危険ドラッグを撲滅します。
 

○指定する物質(全ての立体異性体を含む)

N-エチル-1-(3-メトキシフェニル)シクロヘキサン-1-アミン及びその塩類

(通称:N-Ethyl-1-(3-methoxyphenyl)cyclohexan-1-amine,3-MeO-PCE)

薬物構造式

 

1-(4-シアノブチル)-N-(2-フェニルプロパン-2-イル)-1H-ピロロ[2,3-b]ピリジン-3-カルボキサミド及びその塩類

(通称:1-(4-cyanobutyl)-N-(2-phenylpropan-2-yl)-1H-pyrrolo[2,3-b]pyridine-3-carboxamide,CUMYL-4CN-B7AICA)

 薬物画像 

 

 

○告示日
 令和元年6月13日

○施行日
 令和元年6月14日

*特定危険薬物:麻薬等と同等以上に幻覚等の人の精神に作用を及ぼす疑いがある物又はこれを含有する物のうち、他の地方公共団体の条例に基づき、科学的知見に基づき医薬品医療機器等法に規定される指定薬物に準じる規制が行われることになった場合に指定される薬物。これまでに条例に基づき指定した物質は、今回の2物質を含め、70物質になります。

参考:関係条文(抜粋) [PDFファイル/54KB]