ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 大型連休中の酸素投与ステーションでの受入れについて

本文

大型連休中の酸素投与ステーションでの受入れについて

発表日:2022年4月26日 10時00分 印刷
担当課:
福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部(事務局:保健医療介護部がん感染症疾病対策課)
直通:
092-643-3729
内線:
3540
担当者:
畑農、井手、廣川

 4月29日(金・祝)からの大型連休において、入院が必要な方の中でも酸素投与が必要な症状の方が自宅待機となることのないよう、臨時的に、酸素投与ステーションを活用して受け入れを行うこととしましたので、お知らせします。

 

○受入れ開始日時

  4月29日(金・祝)午後5時30分から

※ 受入れ終了時期は、酸素投与ステーションの稼働状況等に応じて決定します。

 

○設置場所

  福岡市内の医療機関(非公開)

※ 新型コロナウイルス感染症患者受入医療機関のうち、ステーションとしての活用が可能な酸素設備のあるスペースを利用できる医療機関内に設置。

※ 非公開のため、取材対応はしていません。

 

○設置規模

  34床(最大50床)

 

○実施体制(24時間体制)

 ・医師(救急専門医) 1名

 ・看護師         5名

 ・看護助手(介護)   4名

 ・事務          2名