ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 災害時の避難所での障がいのある人への合理的配慮に関する動画を制作しました

本文

災害時の避難所での障がいのある人への合理的配慮に関する動画を制作しました

発表日:2021年6月17日 00時00分 印刷
担当課:
福祉労働部障がい福祉課
直通:
092-643-3264
内線:
3272
担当者:
熊本、神山

 県では、平成29年3月に制定した「福岡県障がいを理由とする差別の解消の推進に関する条例」において、全ての県民の皆さんに、障がいを理由とする差別の解消と、障がいのある人への合理的配慮の提供をお願いしています。

 今回、災害時の避難所において、避難所の運営に携わるスタッフや利用者の皆さんが、障がいのある人への合理的配慮の提供を行う際の参考となる、配慮すべきポイントを解説した動画を制作しました。

 市町村等に対して、避難所の運営に携わるスタッフ研修会での活用や避難所での動画再生等を依頼し、災害時の避難所での障がいのある人への合理的配慮について、理解啓発を図ります。

(1)動画内容

 避難所での移動、コミュニケーション、表示、トイレ利用等、個別の状況に応じて配慮すべきポイントを、アニメーションを使って分かりやすく解説しています。

 災害時の避難所での障がいのある人への合理的配慮に関する動画の絵コンテ [PDFファイル/1.21MB]

(2)規格

 約6分間、手話・字幕入り

(3)発信方法

 ・ ふくおかインターネットテレビ

 ・ YouTube