ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 県・県社協・Fネットの三者間で「災害ボランティア活動の連携支援に関する協定書」を締結しました。

本文

県・県社協・Fネットの三者間で「災害ボランティア活動の連携支援に関する協定書」を締結しました。

発表日:2021年3月24日 14時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部社会活動推進課(NPO・ボランティアセンター)
直通:
092-631-4416
内線:
81-3783
担当者:
津田、増田

〇 ここ数年、本県は度重なる災害に見舞われており、被災地において多くのボランティアやNPOが様々な支援活動を行っています。一方で、情報が不足して支援団体間の活動の調整ができず、ボランティア要員や資機材・物資の適材適所への配置に苦慮したという事例も生じています。

〇 そこで、本県では、

  • 情報共有会議をはじめ各種コーディネートにより、支援団体の活動をサポートする「災害支援ふくおか広域ネットワーク」(Fネット ※次頁参照)
  • 災害時に市町村社協が設置する災害ボンティアセンターの運営支援等を行う「福岡県社会福祉協議会」(県社協) 

との間で、各主体のこれまでの取組・活動を活かし、これを進化させる形で協定書を締結し、災害時に支援団体による活動が円滑かつ効果的に行われるよう連携強化に取り組みます。

 

1 協定締結日

  令和3年3月24日(水曜日)

 

2 調印者

  福岡県  福岡県知事職務代理者 福岡県副知事  服部 誠太郎

  福岡県社会福祉協議会   会長  小川 弘毅(おがわ  ひろき)

  災害支援ふくおか広域ネットワーク   会長  藤澤 健児(ふじさわ  けんじ)

 

3 三者連携のスキーム 

災害時の三者連携スキーム図

 

 

災害ボランティア三者協定参考資料三者の取組、活動

 

災害ボランティア活動の連携支援に関する協定書の内容 [PDFファイル/50KB]