ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 令和元年度労働相談の状況について

本文

令和元年度労働相談の状況について

発表日:2020年7月6日 11時00分 印刷
担当課:
労働政策課労働福祉係
直通:
092-643-3587
内線:
4220
担当者:
馬場、岸

令和元年度労働相談の状況について

 福岡県では、県内4か所の労働者支援事務所において、賃金や解雇、職場のパワハラなど、労働問題に関する相談に応じ、自主的な解決に向けての助言や、労働者と使用者の間に立って意見の調整を図る「あっせん」を実施しています。

 令和元年度の相談状況は以下のとおりです。

令和元年度 福岡県の労働相談の状況

 

  • 労働相談の件数  10,611件(前年度比 12.6%増)
      新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年3月末時点で景気は足元で大幅に下押しされており雇用情勢は改善の動きが弱まっている中、相談件数は前年度より増加した
  • 相談内容別では、「職場の人間関係」に関するものが1,550件で最多。 
      職場でのいじめやパワハラなどの「職場の人間関係」は、平成29年度から3年連続1位。一方で、新型コロナウイルス感染症の影響により、「賃金(休業手当など)」、「休日・休暇(新型コロナウイルス感染症に伴う休暇・休業など)」などが増加した。

順位

相談内容

件数(割合)

前年度の順位、件数(割合)

1位

 職場の人間関係

 1,550件(14.6%)  1位 1,544件(16.4%)

2位

 労働契約(賃金等の労働条件の引き下げなど)

 1,474件(13.9%)  2位 1,380件(14.6%)

3位

 賃金

 1,288件(11.6%)  3位  997件(10.6%)

4位

 休日・休暇   813件( 7.7%)

 6位  509件(5.4%)

5位

 労働保険

   810件( 7.6%)

 5位  562件(6.0%)

   「あっせん」の実施件数は17件。解決に至ったものが12件(解決率:70.6%)

   なお、実施件数のうち、労働委員会委員によるあっせんは2件。

   令和元年度 労働相談の状況 [PDFファイル/126KB]

【労働相談窓口(労働者支援事務所)】

  • 相談受付
    平日  8時30分から17時15分まで 電話又は面談
    ※水曜日は、夜間(17時15分から20時00分まで)も電話での受付を実施
  • 電話番号  
    福岡 092-735-6149 北九州 093-967-3945
    筑後 0942-30-1034 筑豊 0948-22-1149