ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 西鉄天神大牟田線(春日原~下大利)連続立体交差事業官民連携(春日市、大野城市、西鉄)まちづくり協定締結式が開催されます

本文

西鉄天神大牟田線(春日原~下大利)連続立体交差事業官民連携(春日市、大野城市、西鉄)まちづくり協定締結式が開催されます

発表日:2021年5月14日 14時00分 印刷
担当課:
公園街路課
直通:
092-643-3725
内線:
4705
担当者:
松家

〇福岡県では踏切による慢性化した交通渋滞や市街地の分断の解消を目的として「西鉄天神大牟田線(春日原~下大利)連続立体交差事業(※1)」を実施しており、令和4年度の高架切替え、令和6年度に事業完了を予定しております。
〇令和4年度の高架切替えを見据え、春日市と大野城市と西日本鉄道(株)で「西鉄天神大牟田線(春日原~下大利)連続立体交差事業を機とした官民連携まちづくり協定」(※2)の締結式を5月19日に開催しますのでお知らせします。

(※1)
西鉄天神大牟田線(春日原~下大利)連続立体交差事業について
【事業概要】
事業主体 福岡県
延長 約3.3km(春日市 約0.5km、大野城市 約2.8km)
除却踏切数 12箇所
全体事業費 約659億円
事業期間 平成15年度~令和6年度(高架切替 令和4年度)

(※2)
「西鉄天神大牟田線(春日原~下大利)連続立体交差事業を機とした官民連携まちづくり協定」について
(目的)
連立事業を契機として、春日市、大野城市、西鉄(株)が連携し、今回の協定により地域の魅力向上を図るため、駅間をつなぐ安全で快適な歩行者通行空間を整備し高架下空間のにぎわい創出に協働して取り組むほか、交通拠点の魅力向
上、沿線活性化、公共交通の利用促進、地域の特性やニーズに応じたまちづくり、地域の魅力発信に取り組むもの。

協定締結式
1.日 時
令和3年5月19日(水曜日)14時から14時30分
2.場 所
福岡県千代合同庁舎301B会議室
(福岡市博多区千代1 丁目20-31 旧ホテルレガロ)
3.出 席 者
春日市 市長 井上 澄和(いのうえ すみかず)
大野城市 市長 井本 宗司(いもと むねじ)
西日本鉄道会社株式会社 代表取締役社長執行役員 林田 浩一(はやしだ こういち)
4.立 会 人(予定)
福岡県県議会議員 井上 順吾
福岡県県議会議員 中牟田 伸二
福岡県県議会議員 松尾 嘉三
福岡県県議会議員 井上 博隆
福岡県建築都市部長 永山 慎治
5.問合せ先
(協定に関すること)
春日市都市整備部 道路管理課 092-584-1111
大野城市建設環境部 連立・高架下活用推進室 092-580-1967
西日本鉄道株式会社 広報・CS推進部広報課 092-734-1217
(連立事業に関すること)
福岡県建築都市部 公園街路課 092-643-3725