ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 連合福岡の「2022年度政策・制度要求」に対する回答を行います

本文

連合福岡の「2022年度政策・制度要求」に対する回答を行います

発表日:2023年2月9日 11時00分 印刷
担当課:
労働政策課
直通:
092-643-3585
内線:
4217
担当者:
吉水、上野

 昨年9月に、日本労働組合総連合会福岡県連合会(連合福岡)から申入れのあった県への政策・制度要求に対し、服部知事が回答を行いますのでお知らせします。

1 日時    令和5年2月16日(木曜日)10時00分から10時30分まで

2 会場    特別会議室(県庁行政棟8階)

3 出席者(予定)

  連合福岡 藤田桂三(ふじたけいぞう)会長ほか

  連合福岡議員懇談会 佐々木徹(ささきとおる)会長

  県 服部知事、関係部長ほか

 

4 内容

 (1)回答書手交

 (2)知事発言

 (3)連合福岡会長発言

 (4)意見交換

5 取材について

  報道機関による取材は「(3)連合福岡会長発言」終了までとさせていただきます。

  県からの回答に対する連合福岡の受止め等については、意見交換終了後(10時35分)を目途に、

  8階会見室にて連合福岡事務局が取材に応じます。

 

○連合福岡「2022年度政策・制度要求」の概要

 「新型コロナウイルス対策関連事項(重点要求1)」「九州北部豪雨関連事項(重点要求2)」「労働・教育」「医療・地域活性化」「環境・安全」の5分野43項目の要求

要求項目
分野 要求項目

【重点要求1】

新型コロナウイルス対策関連事項
 
 
 
 
 
 
 
 

1.不合理な解雇等を防止するための労働関係法令の周知徹底
2.事業の休止・縮小に伴い労働者を休業させる場合への対応
3.中小企業・小規模事業者の事業継続の支援
4.新型コロナウイルスに伴う雇用対策
5.保健所の配置や人的体制の確立・強化に向けた対策の推進
6.医療体制の充実・強化
7.地域医療体制を守る取り組みの推進
8.感染者等への偏見や差別、誹謗中傷への対策
9.運送・配送業、小売業等への支援制度の充実
10.子どもたちの進学や在学への適切な支援 
11.メンタル不全対策および自殺対策の強化
12. 学校休業に伴う保護者の賃金補償の制度整備
13. 新型コロナウイルス感染症の罹患および濃厚接触等に伴う休業時の賃金補償の拡充

【重点要求2】

九州北部豪雨関連事項
 
 
 
 

1.安心して暮らせる環境の整備
2.地域産業と雇用の場の復旧・復興
3.生活全般の復興・再生に向けた連携と住民参加の促進

3.労働・教育

<労働>

1.雇用創出・拡大と労働対策の強化
2.働く環境の整備

3.労働・教育

<教育>
 

1.質の高い教育と誰もが安心して学べる教育環境整備の強化
2.特別支援教育の充実
3.労働教育・主権者教育の推進と充実

4.医療・地域活性化

<医療>
 
 

1.地域包括ケアシステムの推進
2.医師の地域偏在
3.介護職員の処遇改善、職場環境改善
4.ケアラー支援に関する取り組みの推進

4.医療・地域活性化

<地域活性化>
 
 
 
 

1.福岡県交通ビジョン2022の推進
2.渋滞緩和・走行環境への対策
3.公共交通の犯罪対策支援
4.自転車のマナー向上、交通空間の整備の推進
5.デジタル・ガバメントの推進
6.期日前投票所等の整備・推進
7.新しい生産技術開発等に向けた産学官との連携及び支援
8.新たなモビリティサービスの活用と課題への対応
9.地域活性化に向けた新たな取り組み

5.環境・安全

<環境>
 

1.環境保全と地球温暖化対策の強化推進
2.「2050年カーボンニュートラル」の実現
3.安全・安心で安定的なエネルギー社会の実現

5.環境・安全

<安全>
 
 
 

1.総合的な防災・減災対策の充実・強化
2.飲酒運転撲滅対策・交通事故防止対策の推進
3.DV・児童虐待・性犯罪等に関する対応
4.食品の安全・安心の確保
5.消費者と従業員が相互に尊重できる社会の構築
6.すべての働く人の「こころの健康対策」