ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 令和4年度福岡県移住者子弟留学生が副知事を表敬訪問します

本文

令和4年度福岡県移住者子弟留学生が副知事を表敬訪問します

発表日:2022年5月26日 11時00分 印刷
担当課:
国際政策課
直通:
092-643-3201
内線:
2565
担当者:
財間

令和4年度福岡県移住者子弟留学生が副知事を表敬訪問します

 (公財)福岡県国際交流センターでは、昭和41年から、本県出身移住者(海外福岡県人会)の子弟を、将来の県人会を担う中核的な人材として育成するため、県内大学等へ留学生として受け入れる事業を実施しており、これまで454名(令和4年度まで)を受け入れています。

 このたび、今年度の留学生が、生嶋副知事を表敬訪問しますのでお知らせします。

 1 日時   令和4年5月30日(月曜日) 9時30分から10時
 

 2 場所   県庁8階 副知事応接室
 

 3 対応者  福岡県副知事 生嶋 亮介
 

 4 来訪者  5か国から5名

  砥綿 太田 ジュリア 留理 氏(ブラジル福岡県人会、九州大学大学院)

  林 直人 ダニエル 氏(在ボリビア福岡県人会、九州産業大学)

  川島 麻耶 氏(メキシコ福岡県人会、九州大学大学院)

  古賀 金子 メグミ アレハンドラ 氏(ペルー福岡県人会、九州産業大学)

  仲村 せり ちよ 氏(ハワイ福岡県人会、福岡大学)

  (同行者) 福島 明彦 氏((公財)福岡県国際交流センター 専務理事)

 

 5 次第

・代表者挨拶(国際交流センター 福島専務理事)

  ・留学生自己紹介

  ・副知事挨拶

  ・記念品贈呈(写真撮影)

 

 6 事業の概要

 (1)福岡県移住者子弟留学生(県費留学生)

  母県の文化・産業・経済等社会の実状に触れ、専門知識を習得すると同時に、地域住民との交流を深め、将来の県人会を担う中核的な人材を育成するため、福岡県出身移住者の子弟を県内の大学・短期大学・専門学校に毎年1年間留学生として受け入れ、奨学金を給付するもの。

  〇留学期間 : 令和4年4月 ~ 令和5年3月(1年間)

  〇留学先(令和4年度) : 九州大学大学院、九州産業大学、福岡大学

 (2)事業の実施主体  (公財)福岡県国際交流センター

 (3)受入実績 昭和41年度 ~ 令和4年度 累計 454名