ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 令和元年度福岡県消費生活センターにおける消費生活相談の概要

本文

令和元年度福岡県消費生活センターにおける消費生活相談の概要

発表日:2020年6月24日 14時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部生活安全課(消費者安全係)
直通:
092-643-3193
内線:
2963
担当者:
石川、太田

インターネット通信販売での定期購入に関する相談が増加

 福岡県消費生活センターが、令和元年度に受け付けた消費生活相談の概要を、次のとおり取りまとめましたので公表します。

1 対象期間

平成31年4月1日から令和2年3月31日

2 令和元年度福岡県消費生活センターにおける消費生活相談の特徴・・・・・・・ 資料1

資料1 [PDFファイル/454KB]

(1)相談件数等の状況

 相談件数は9,087件で、前年度の9,225件に比べ、138件の減少(対前年度比1.5%の減少)となっています。

※福岡県及び市町村に寄せられた相談件数は49,270件で、前年度の49,358件に比べ、88件の減少(対前年度比0.2%の減少)となっています。

(2)年代別相談状況

 相談件数を年代別でみると、70歳以上からの相談件数が一番多く、次に50歳代、40歳代の順となっています。

(3)商品分類別相談状況

 相談状況を商品分類別でみると、「デジタルコンテンツ」(711件)が17年連続で1位、2位「商品一般」(689件)、3位「不動産貸借」(497件)の順となっています。

(4)相談の傾向

 ネット通販で、お試し価格でダイエットサプリを購入したところ、定期購入が条件であったなど、通信販売に関するトラブルについての相談が急増しており、前年度から342件(前年比184%)増加しています。

通信販売での定期購入に関する相談件数

 

3 令和元年度消費生活相談の具体的事例・・・・・・・・・・資料2

資料2 [PDFファイル/292KB]

 

<新型コロナウイルス感染症に関連した相談(参考)>

  令和2年1月から5月までに当センターに寄せられた新型コロナウイルス感染症に関連した相談件数は、650件で、主な相談内容は、以下のとおりです。

 ・ イベントや宿泊などの解約・キャンセルに関する相談(174件)

 ・ マスク、トイレットペーパーなどの不足に関する相談(32件)

 ・ マスク、トイレットペーパーなどの転売や価格に関する相談(24件)

 

◆商品やサービスの取引などに関し、不審に感じたり、困ったときは、福岡県消費生活センターに相談してください。

TEL 092-632-0999

【相談時間】 月~金 9時~16時30分   土・日曜 10時~16時(電話相談のみ)

※土曜相談は令和2年8月末までの予定