ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > ふくおかプラごみ削減キャンペーン ~10月の1ヶ月間でレジ袋換算約9,000万枚削減~

本文

ふくおかプラごみ削減キャンペーン ~10月の1ヶ月間でレジ袋換算約9,000万枚削減~

発表日:2021年1月15日 14時00分 印刷
担当課:
環境部 循環型社会推進課
直通:
092-643-3371
内線:
3492
担当者:
篠崎、小澤

 福岡県では、今年度、これまで実施していたマイバッグキャンペーンを拡充し、プラスチックごみ削減に取り組む様々な事業所を登録して、広く紹介する「ふくおかプラごみ削減協力店」制度を創設し、10月をプラスチックごみ削減の強化月間として、「ふくおかプラごみ削減キャンペーン」を実施しました。

 本年度のプラスチックごみ削減量は、10月の1ヶ月間で、レジ袋換算で約9,000万枚となりました。

 昨年7月にレジ袋が有料化されたことなどもあり、各事業所によるプラスチックごみ削減の取組みが広がっています。

 本県としても、今後も多くの店舗に「ふくおかプラごみ削減協力店」への登録を働きかけるとともに、県民の皆様に対し普及啓発を行い、プラスチックごみ削減の取組みの輪を広げていきます。

1 ふくおかプラごみ削減キャンペーンの結果

(1) ふくおかプラごみ削減協力店登録数(令和2年10月31日現在)

    3,100店舗

    <協力店における主な取組み>

            マイバッグ持参の呼びかけ、プラスチック代替品の利用、従業員に対するマイバッグ・マイボトルの使用促進

 (2) プラスチックごみ削減量(レジ袋換算)

    約9,000万枚(昨年度比、約5,200万枚増) 

    ※県民一人当たり、17.6枚のレジ袋を削減

直近5年(各年10月)のキャンペーン集計結果
実施年度 登録店舗数 プラスチックごみ削減量
(レジ袋換算(万枚))
平成28年度 2,576 約2,700万枚
平成29年度 2,744 約2,900万枚
平成30年度 2,729 約3,300万枚
令和元年度 2,805 約3,800万枚
令和2年度 3,100 約9,000万枚

※令和元年度まではマイバッグキャンペーンの実績

2 プラスチックごみ削減による効果

    約2,970トンの二酸化炭素を削減

    ※約34万本のスギの木が1年間に吸収する二酸化炭素量に相当

    (換算単位)

          ・レジ袋1枚の重量:6.8g(Lサイズ相当)

          ・1枚あたりの二酸化炭素排出量:33g

          ・40年生のスギの木1本の二酸化炭素吸収量:1年間で8.8kg