ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「農福連携地域フォーラム」を開催~農福連携の実践者から先進事例を学ぶ~

本文

「農福連携地域フォーラム」を開催~農福連携の実践者から先進事例を学ぶ~

発表日:2021年7月21日 16時00分 印刷
担当課:
経営技術支援課
直通:
092-643-3572
内線:
3966
担当者:
井上、伊藤

県では、農福連携の裾野を広げる取組の一環として、農福連携に興味を持つ県内の農業者等を対象に、今年度、初めて農福連携地域フォーラムを県下2か所で開催します。

フォーラムでは、県外の農福連携実践者による講演や実践事例紹介を通して、農業者等が農福連携の意義や農業分野に障がいのある方を受けいれる際の心構え等を学びます。

※農福連携とは、障がいのある方等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取組です。

 

1 日時 

  飯塚会場:令和3年7月27日 火曜日 13時~16時

  小郡会場:令和3年7月29日 木曜日 13時~16時

 

2 対象者:福岡県内の農業者、農業関係団体 (定員:各会場 約100名)

 

3 概要

(1)飯塚会場(イイヅカコスモスコモン 中ホール(飯塚市飯塚14-66))

    講演(13:時10分~15時00分)

      演題:農福連携を始めてみたい方へ~カギは細分化とマッチング~

      講師:NPO法人どりーむ・わーくす 理事長 (みず)(しり) 宏明(ひろあき)氏(北海道)

    実践事例紹介(15時15分~15時45分)

      発表者:障がい者しごと支援センター木の実 総合施設長 三善(みよし) (ふみ)(ひろ)

         

(2)小郡会場(小郡市生涯学習センター七夕ホール(小郡市大板井1180-1))

    講演 (13時10分~15時00分)

       演題:我が社の手作り農福連携~小さな農家が家族で始めた農福連携~

       講師:株式会社 おおもり農園 代表取締役 大森(おおもり) 一弘(かずひろ)氏(岡山県)

    実践事例紹介(15時15分~15時45分)

       発表者:K’sファーム・一般社団法人THE CHALLENGED 代表理事 山内(やまうち) 朋子(ともこ)

 

4 お問い合わせ先

  福岡県農林水産部 経営技術支援課 女性農業者支援係

   Tel 092-643-3572 Fax 092-643-3516

  株式会社フラウ(事務局)

   Tel 092-751-8830  Fax 092-751-8831