ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「チャイルドケアセンター」を認定NPO法人として認定します!

本文

「チャイルドケアセンター」を認定NPO法人として認定します!

発表日:2020年6月25日 14時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部社会活動推進課 NPO・ボランティセンター
直通:
092-631-4412
内線:
81-3782
担当者:
津田、倉富

○ このたび、県では、子育て支援を通じた地域社会づくりを行う「特定非営利活動法人チャイルドケアセンター」を認定NPO法人※として認定し、認定通知書を当該法人に手交しますので、お知らせします。

○ なお、県では、これまで幅広くNPO 法人への寄附を促し、NPO 法人の活動を支援するため、県内の法人に対して、認定基準の達成に向けた実践的なセミナーや専門家による個別的・具体的な支援を行ってきました。今回の認定により、県内の認定NPO法人数は31団体となります。

※ 認定NPO 法人とは、NPO 法人のうちその運営組織及び事業活動が適正であって公益の増進に資するものにつき一定の基準に適合したものとして、所轄庁(国、県、政令市)の認定を受けたNPO 法人。

この法人への寄附に個人が寄附した場合、所得税及び住民税から寄附金額の最大約50%が控除される。

 

認定通知書の交付について

1 日時:令和2年7月1日(水曜日)13時30分から13時35分まで

2 場所:福岡県NPO・ボランティアセンター(福岡県吉塚合同庁舎5階)

※交付後、法人への取材可能です。

今回認定するNPO法人の概要

(1)法人名:特定非営利活動法人チャイルドケアセンター(平成13年設立)

(2)代表者:大谷(おおたに) 清美(きよみ)

(3)所在地:大野城市白木原

(4)認定期間:令和2年7月1日から5年間

(5) 主な活動内容

○「子どもを真ん中に地域で育て、育ち合う」を理念に、地域の中で「子育ての手助けをしてほしい人」と「子育てのお手伝いをしたい人」の相互援助活動を行う「ファミリーサポートセンター」の運営や、子育ての情報交換、仲間づくり、多世代間交流など様々な活動を展開。

○子ども食堂、フードバンク事業にも注力し、「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っている。

○新型コロナウイルス感染拡大の影響で子ども食堂での食事の提供が休止される中、企業や地域の子ども食堂等と連携し、フードバンクに寄せられた食品等を約5千世帯に無償で提供する「フードパントリー」を実施。 

 

ファミリーサポートセンター 画像

ファミリーサポートセンターの仕組み

 

フードパントリー 画像

フードパントリーの様子