ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 【中止】遊休公共不動産を活用したい県内自治体と民間事業者をマッチング!「公共空間逆プロポーザルin福岡」

本文

【中止】遊休公共不動産を活用したい県内自治体と民間事業者をマッチング!「公共空間逆プロポーザルin福岡」

発表日:2020年2月20日 15時30分 印刷
担当課:
都市計画課計画係
直通:
092-643-3713
内線:
4648
担当者:
竹田、成富

遊休公共不動産を活用したい県内自治体と民間事業者をマッチング! 「公共空間逆プロポーザルin福岡」を開催 【中止】

 

新型コロナウイルス感染症の県内発生を受け、中止します。

 

〇 使われなくなった庁舎、学校、公園、公民館、土地など、未活用のままとなっている公共空間は全国的にもますます増えており、福岡県内にも点在しています。

〇 県では、民間主導による魅力的なまちづくりを目的として、令和元年度から「街なか公共不動産活用促進事業」を実施しています。

〇 この事業では、県内自治体が所有する有効に活用されていない公共不動産のデータベースを作成・公表し、民間事業者による活用を促すものです。

〇 このたび、当事業者による民間事業者の遊休公共不動産の利用を促進するため、マッチングイベントとして「公共空間逆プロポーザルin福岡」を実施するため、お知らせします。

 

1 街なか公共不動産活用促進事業

 (1)目的

    街なかの有効に利用されていない公共不動産を活用した民間主導のまちづくりを促進させ  ることにより、さらなる民間投資を呼び込むなど、魅力的なまちづくりを進め、

  持続的な都市機能の誘導につなげるため、次の事業を行います。

    〇 公共不動産のデータベースの作成・公表

    〇 県内自治体と民間事業者のマッチングイベントの開催

 

2 イベント概要

 (1)日時 令和2年2月21日(金曜日) 13時~17時

 (2)場所 ザ・パークレックス博多ビル(福岡市博多区博多駅東2-16-1) 

 (3)定員 約220名

 (4)内容 

   ・遊休公共不動産を活用したい自治体と事業案を持つ民間事業者を引き合わせることで、事業化の可能性を探る。 

    ・本イベントは、公共不動産をエントリーした自治体(16自治体、29件)とプレゼンテーションを行う民間事業者(8事業者)以外に、事前申込みによる観覧参加を認めており、

    参加者が意見交換を行うことで、遊休公共不動産の活用の可能性を広げる。

 (5)取材について

   事前のお申込みが必要となりますので、別紙の参加申込書により下記までFAXにて令和2年2月20日(木曜日)12時までにお申込みください。

  送 付 先:福岡県建築都市部都市計画課計画係 (担当:成富、砥上)

  FAX番号:092-643-3716

 ※(株)九州TSUTAYAからの申し出により、プレゼンテーションの内容については、取材・撮影はご遠慮ください。

 

参考資料 [PDFファイル/65KB]

参加申込書 [PDFファイル/45KB]

「公共空間逆プロポーザルin福岡」開催のご案内 [PDFファイル/492KB]