ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > LGBTアライアンス福岡による「新型コロナウイルス感染症対策等、性的マイノリティ支援に関する要望書」の提出について

本文

LGBTアライアンス福岡による「新型コロナウイルス感染症対策等、性的マイノリティ支援に関する要望書」の提出について

発表日:2020年5月11日 00時00分 印刷
担当課:
人権・同和対策局調整課
直通:
092-643-3325
内線:
3355
担当者:
草津、桑野

 LGBTアライアンス福岡から、福岡県知事へ「新型コロナウイルス感染症対策等、性的マイノリティ支援に関する要望書」が次のとおり提出されますのでお知らせします。

 

1.日時、場所等

  ・日時:令和2年5月12日(火曜日)13時30分~13時50分

  ・場所:県庁行政棟8階 特別会議室

  ・出席予定者:LGBTアライアンス福岡 呼びかけ人 NPO法人カラフルチェンジラボ 

   代表理事 三浦(ミウラ) (ノブ)(ヒサ)氏ほか4名

 

2.次第

  13時30分 開式(出席者紹介、要望の主旨説明、要望書受け渡し、知事コメント)   

  13時40分 一旦終了(報道関係者は、ここで退出をお願いします)

  13時40分 意見交換

  13時50分 閉式

 

3.取材対応について

  取材は、知事コメントまでとさせていただきます。

 

4.LGBTアライアンス福岡

  福岡市を中心に活動する性的マイノリティの当事者及び支援者の11団体から構成

  (賛同団体)

 久留米LGBTQ当事者交流会からふるの輪、STARS、GID Link、LGBTQ支援任意団体I'm me、NPO法人カラフルチェンジラボ、福岡コミュニティセンターHACO、NPO法人Rainbow Soup、FRENS、LGBTの家族と友人をつなぐ会in福岡、LGBTとともに生きる弁護士の会・九州、一般社団法人gid.jp日本性同一性障害と共に生きる人々の会