ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「子どもお仕事参観デー2019」を実施します!~県職員の子どもたちが親の職場を訪問~

本文

「子どもお仕事参観デー2019」を実施します!~県職員の子どもたちが親の職場を訪問~

発表日:2019年8月13日 09時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部私学振興・青少年育成局青少年育成課
直通:
092-643-3615
内線:
2929
担当者:
中原

○ 福岡県では、平成13年度から、「豊かな心、幅広い視野、それぞれの志を持つたくましい青少年の育成」を目指す青少年アンビシャス運動を推進しています。

○ このたび、青少年アンビシャス運動の取組みの一つとして、「子どもお仕事参観デー」を行います。県職員の子どもたちが親の職場を訪問し、実際に働いている姿を見つめることで、社会のしくみや働くことの意味、大切さを実感できるものです。

○ 昨年度、参加した子どもたちからは「仕事をするということがこんなに大変だとは思わなかった」や「大人になったら、お父さんのように人の役に立つ仕事をしたい」などの感想が寄せられています。

○ 子どもお仕事参観デーを実施することで、職員のワークライフバランスの推進と、仕事と子育ての両立を応援する職場づくりの推進を図っていきます。

1 実施日

 令和元年8月19日(月曜日)

 

2 体験人数

 子ども29名

 

3 取材について

 取材を希望される場合は、8月15日(木曜日)までに青少年育成課へご連絡ください。

 ご連絡いただいた後、取材可能な担当部署をご案内します。

 

4 スケジュール(8月19日月曜日)

※部によって取組内容、時間が異なります(9時00分~10時00分のみ共通)

 

9時00分~ 9時10分 体験ひろば2(1Fロビー)にてスケジュール等の説明

 

9時10分~10時00分 11階展望室、よかもん広場 の見学

 

10時00分~ 各課で職場体験(親の職場を子どもが体験)

※ この取組みは県内の企業・団体が参加する「FUKUOKAみらいプロジェクト」の一環として実施しています。

【FUKUOKAみらいプロジェクト】(事務局 (一社)地域企業連合会九州連携機構)

  企業のCSR活動、従業員のモチベーションアップ、従業員の家族の絆づくりを目的として、県内192の企業・団体が参加し、(1)各企業における従業員の子どもの職場訪問(子どもお仕事参観デー)、(2)報告会(11月23日)を実施。