ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 防災ヘリコプタ―「はるかぜ号」による出水期前の合同点検を国土交通省、朝倉市と実施します。

本文

防災ヘリコプタ―「はるかぜ号」による出水期前の合同点検を国土交通省、朝倉市と実施します。

発表日:2019年5月27日 11時00分 印刷
担当課:
県土整備部 河川管理課
直通:
092-643-3668
内線:
4528
担当者:
山崎、上本

 福岡県では、平成29年7月九州豪雨により被災した大肥川等では、国土交通省、朝倉市と共に災害復旧工事を進めております。

 今回、危険箇所等の情報を共有し、出水期間における警戒避難体制に役立てるため、国土交通省が所管する防災ヘリコプタ―「はるかぜ号」を活用し、これまでの災害復旧状況等を関係機関と合同で点検します。

1.実施内容

 防災ヘリコプタ―「はるかぜ号」を活用し、上空から目視点検を行います。 

 防災ヘリコプタ―による点検は、4班に分かれて実施します。

 また、必要に応じて地上から詳細な点検を実施します。

2.実施日時  

 令和元年5月29日 水曜日 (4フライト) 

  1回目  9時15分から10時15分

  2回目 10時50分から11時50分

  3回目 13時00分から14時00分

  4回目 14時40分から15時40分 

 ※天候不良の場合、ヘリ調査は中止されます。

3.搭乗者  

【国土交通省】筑後川河川事務所 九州北部豪雨災害対策推進室長 他5名  

【朝  倉  市】朝倉市長 他7名  

※市長の搭乗時間は、問合せ先までご連絡下さい。 

【福 岡 県】朝倉県土整備事務所長 他7名

4.飛行ルート 

別紙参照(ヘリポート:朝倉甘木公園場外離着陸場 朝倉市菩提寺琴平町79)

別紙 [PDFファイル/848KB]

5.問合せ先 

福岡県 朝倉県土整備事務所災害事業センター災害事業調整課 佐々木、佐藤  0946-41-2477

6.取材について

甘木公園ヘリポートでの取材は可能です。ただし、ヘリコプタ―の離発着時は危険ですので、現地担当者の指示に従っていただくよう、お願いいたします。