ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「自画撮り被害」の防止に向けて、県内の全中高生に啓発カードを配付します!

本文

「自画撮り被害」の防止に向けて、県内の全中高生に啓発カードを配付します!

発表日:2019年7月16日 00時00分 印刷
担当課:
青少年育成課
直通:
092-643-3388
内線:
2926
担当者:
大堤、大安

○ スマートフォンの普及に伴い、SNS等を通じて、青少年が言葉巧みにだまされたり、脅されたりして、自分の裸体等を撮影させられた上、メール等で送信させられる、「自画撮り被害」が増加しています。

○ 平成30年中の福岡県の被害状況では、中高生が全体の約9割を占めています。

○ このため県では、中高生に対し、危険性の周知や被害に遭わないための対応策などの啓発を図るため、啓発カードを作成し、県内の全中高生に配付します。

○ 啓発カードには、今回新たに作成した啓発パンフレット「マンガで学ぶ自画撮り被害」を掲載した県ホームページのQRコードを記載しています。

※県では、「福岡県青少年健全育成条例」を一部改正し、「裸の画像等を青少年に要求する行為」を禁止する罰則付きの規定を新たに設けました(平成31年2月1日施行)。

1 啓発カード

○ 内容
  ・被害防止のための啓発パンフレットが掲載された県ホームページのQRコード
  ・自画撮り被害に遭わないために気をつけること
  ・福岡県警察少年サポートセンター等相談窓口

○ サイズ 54×85mm(財布のカードポケットに入るサイズ)

○ 作成枚数 27万3千枚

○ 配付方法 県内全ての中学校、高等学校、特別支援学校等を通じ、生徒に配付

2 啓発パンフレット「マンガで学ぶ自画撮り被害」の内容

・自画撮り被害事例(マンガ)

・自画撮り被害回避ポイント

・自画撮り被害に遭わないために気をつけること

・福岡県警察少年サポートセンター等相談窓口

 

※県ホームページで公開しています。
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/jigadori-r1.html

パンフレット表紙 自画撮り被害事例(マンガ)

【参考】全国及び県内の自画撮り被害を受けた青少年(18歳未満)の数

 
  H25 H26 H27 H28 H29 H30
全国 270人 289人 376人 480人 515人 541人
福岡県 22人 26人 23人 31人 49人 35人