ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者の心の健康を支援します ~医療従事者専用電話相談窓口の設置、医療機関への精神科医師等の派遣~

本文

新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者の心の健康を支援します ~医療従事者専用電話相談窓口の設置、医療機関への精神科医師等の派遣~

発表日:2020年5月7日 00時00分 印刷
担当課:
こころの健康づくり推進室
直通:
092-643-3265
内線:
3043、3058
担当者:
重松、石橋

新型コロナウイルス感染症に対応する医療従事者の心の健康を支援します

~医療従事者専用電話相談窓口の設置、医療機関への精神科医師等の派遣~

 新型コロナウイルス感染症の対策に携わる医療従事者は、自らの感染リスクを抱えながらの多忙な業務や周囲からの心無い言葉などにより、心身ともに大きな負担がかかっています。

 このため県では、医療従事者の心の健康支援事業を実施します。

1 医療従事者専用電話相談窓口の設置

 県精神保健福祉センターに、新型コロナウイルス感染症の治療に従事する医療従事者とそのご家族の方専用の電話相談窓口を設置します。

「医療従事者の皆さまのための“こころの相談”」

 電話番号:092-582-7700

 受付時間:平日(祝日、年末年始を除く)9時~12時、13時~17時

 設置期間:5月7日木曜日~当面の間

 

2 医療機関への精神科医師等の派遣

 新型コロナウイルス感染症患者の治療を行う医療機関の医療従事者の心の健康状態について、予め、精神保健福祉センターが電話で聴き取り、医療機関の要請に応じて、精神科医師や保健師を派遣し、心の健康に関する支援を行います。

 ○5月11日月曜日から開始予定です。

 

新型コロナウイルス感染症対策に携わる医療従事者の皆さまへ [PDFファイル/97KB]