ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「福岡県医療的ケア児支援センター」を開設します~4月2日に開所式を開催します~

本文

「福岡県医療的ケア児支援センター」を開設します~4月2日に開所式を開催します~

発表日:2022年3月25日 11時00分 印刷
担当課:
障がい福祉課
直通:
092-643-3263
内線:
3266
担当者:
宿、森

○ 本県には、日常的に医療的なケアを必要とするお子さんが760人程度おられ、ご家族は、学校に通うためにはどうしたら良いか、きょうだい児と関わる時間を確保したい、育児と仕事を両立させたいなど、様々な支援ニーズを抱えられています。

○ 医療的なケアを必要とするお子さんとご家族からのご相談にワンストップで対応するとともに、緊急時の一時預かりなどの専門的な支援を行うため、令和4年4月1日、福岡県こども療育センター新光園内に「福岡県医療的ケア児支援センター」を開設します。

○ このセンターでは、日常的に医療的なケアを必要とするお子さんとご家族が、地域、ご自宅で安心して生活できるようご相談をお受けするとともに、相談の内容に応じて、医療・保健・福祉・教育・労働等の関係機関と連携した支援を行います。

○ また、センターの開設を記念し、令和4年4月2日に「福岡県医療的ケア児支援センター」開所式を開催しますのでお知らせします。

 

1.「福岡県医療的ケア児支援センター」について

【1】センター概要

・所在地   糟屋郡新宮町緑ケ浜4丁目2-1(福岡県こども療育センター新光園内)

・利用方法  電話・FAX・メール・来所等

(来所による相談を希望される場合は、事前に電話等でご予約ください。)

   【電話番号】092-692-1601 

 【FAX番号】092-962-3113

 【メール】ikeaji-sc@pref.fukuoka.lg.jp

・利用料金  無料

・利用日時  月曜日から金曜日 9時から17時 (休所日:土曜日・日曜日・祝日及び年末年始)

 

【2】事業開始日

令和4年4月1日(金曜日)

 

【3】センターの主な機能

・多様な支援ニーズを抱える医療的ケア児とその家族に対する相談支援

・地域における医療的ケア児の支援に関わる人材の養成研修の実施

・地域の関係機関(医療、保健、福祉、教育、労働等)との連携・調整

・家族の医療的ケアの負担軽減や災害時における一時預かり

・NICU退院後の円滑な在宅移行支援

 

※今後予定している機能

令和4年度中に情報システムを導入し、センター主催研修等のお知らせ、各種支援制度の説明、社会資源(短期入所施設、訪問看護ステーション、特別支援学校等)の情報などを発信します

 

2.「福岡県医療的ケア児支援センター」開所式について

1.日 時

令和4年4月2日(土曜日)

〔式  典〕10時00分から10時25分まで

〔施設見学〕10時25分から10時45分まで

 

【2】場 所

福岡県こども療育センター新光園(糟屋郡新宮町緑ケ浜4丁目2-1)

 

【3】次 第

1.式典

(1)開式の辞

(2)式辞(福岡県知事 服部誠太郎(はっとりせいたろう))

(3)来賓祝辞(福岡県議会議長 秋田章二(あきたしょうじ))

(4)来賓紹介

(5)テープカット(登壇順)

・福岡県知事  服部誠太郎(はっとりせいたろう)

・福岡県議会議長 秋田章二(あきたしょうじ)

・福岡県議会議員 吉松源昭(よしまつもとあき)

・福岡県医師会常任理事 辻裕二(つじゆうじ)

・福岡県議会議員 冨永芳行(とみながよしゆき)

・厚生労働環境委員会 西尾副委員長代理 西尾事務所事務長 南里修(なんりおさむ)

(6)閉式の辞

 

2.施設見学(参加者:式典出席者)

※撮影のタイミングは、当日お知らせします。

※質問等については、施設見学後、障がい福祉課が取材に応じます。

 

【4】取材について

取材をご希望の場合は、別紙取材申込書にて3月31日(木)12時までにお申し込みください。)

 

取材申込書 [Excelファイル/13KB]

福岡県医療的ケア児支援センター チラシ [PDFファイル/328KB]