ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 所属長の許可なく持ち出した個人情報を含む資料の誤送信について

本文

所属長の許可なく持ち出した個人情報を含む資料の誤送信について

発表日:2022年2月22日 16時00分 印刷
担当課:
農林水産政策課
直通:
092-643-3464
内線:
3811
担当者:
和田、大内田

1 概要

  ・ 飯塚農林事務所の職員が、所属長の許可を得ず、帰宅後自宅で業務を行なおう

    とした。その際、個人情報を含む資料を誤ったメールアドレスに送信した結果、

    個人情報が流出。

2 誤送信した個人情報を含む資料

  ・ 商品企画コンペ資料(37件)

     ※うち4件に個人情報(学校名、氏名、メールアドレス及び電話番号)を含む。

 

3 経緯

   2月16日(水曜日) 

  ・ 帰宅後自宅で業務を行うため、私用メールアドレスにメールを送信。(15時09分)

   ・ スマートフォンから私用メールアドレスへの到着が確認できなかったことから、

       送信事績を確認し、誤送信(※)が判明。(16時30分頃) 

    ※「gmail.com」と入力すべきところを「gmai.com(「l(エル)」の入力漏れ)」と誤入力。

  ・ 職員が当該事案について、上司に報告。(16時30分頃)  

 

4 対応状況

  ・ 応募者全員(37名)に謝罪、了解済。

 

5 誤送信による影響

  ・ 現在のところ、誤送信による影響は確認されていない。

 

6 再発防止策

    次の取組みを徹底

    ・ 原則、職員個人の私用メールアドレスに電子メールの送信を行わないこと。

    ・ システムを改修し、県からの(gmai.com)あてのメール送信を停止(実施済)

   ・ 外部へのメール送信時には、複数職員による送信先及び添付資料のチェック

       をすること。

   ・ 個人情報を含む電子データについては、パスワード設定をすること。

    ・ 在宅勤務で承認を受けた場合を除き、自宅で業務を行わないこと。