ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 福岡県にルーツを持つ留学生が着物の着付や茶道を体験します!

本文

福岡県にルーツを持つ留学生が着物の着付や茶道を体験します!

発表日:2019年11月15日 11時00分 印刷
担当課:
国際政策課
直通:
092-643-3201
内線:
2565
担当者:
大井

福岡県にルーツを持つ留学生が着物の着付や茶道を体験します!

○ (公財)福岡県国際交流センターでは、本県から海外に移住された海外県人会の方々の子弟を、県内大学等に移住者子弟留学生(県費留学生)として1年間受け入れ、県人会の後継者育成を行っています。

○ 今回、日本文化への理解を深めるため、県費留学生9名(女性2名、男性7名)が、着物の着付けや茶道を体験します。

 

 

 

 

 

1 日時 令和元年11月16日13時30分から1時間半程度

 

2 場所 大濠公園 日本庭園 (福岡市中央区大濠公園1番7号)

 ※券売所で「県費留学生の取材」とお申し出いただければ、入園料は無料になります。

 

3 参加者 

○ 令和元年度福岡県移住者子弟留学生(県費留学生)9名 

(ブラジル3名、コロンビア1名、ボリビア1名、アルゼンチン1名、ペルー1名、メキシコ1名、南加(なんか)1名)

 

4 協力

  ○ まゆの会 (着物着付け)

  ○ 裏千家茶道教室教授 志村 宗恭(しむら そうきょう)先生

 

■ 参考 移住者子弟留学生(県費留学生)等について

・福岡県人会は、北米・中南米に9ヵ国20県人会あります。

・昭和41年度より毎年実施し、今年度までの受け入れ総数は445名。

・留学生OBは、帰国後、法曹、教育、文化、医療など様々な分野で活躍しています。