ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「北方領土の日」啓発県庁パネル展を実施します!

本文

「北方領土の日」啓発県庁パネル展を実施します!

発表日:2023年1月23日 14時00分 印刷
担当課:
県民情報広報課
直通:
092-643-3101
内線:
2446
担当者:
柴田、熊谷

「北方領土の日」啓発県庁パネル展を実施します!

2月7日は「北方領土の日」

北方領土問題啓発用政府広報キャラクター「エリカちゃん」

北方領土問題政府啓発用キャラクター「エリカちゃん」

※「エリカちゃん」とは
  北方領土問題をわかりやすく解説するキャラクターとして平成20年に登場。
  北方領土の周辺海域に生息する鳥“エトピリカ”の女の子をモチーフにしている。

○ 我が国固有の領土である北方四島(歯舞群島(はぼまいぐんとう)色丹島(しこたんとう)国後島(くなしりとう)択捉島(えとろふとう))は、ロシア政府によって不法に占拠されたまま70年以上が経過し、現在も返還されていません。

 

○ 北方領土問題の解決には世論の喚起が不可欠です。政府においては、各種媒体を通じた広域的な広報活動を行っており、福岡県内では、地域婦人会連絡協議会、青年会議所、神社庁などで組織する「北方領土返還促進福岡県民協議会」が主体となり返還運動を行っています。

県では、同協議会の活動を支援し、県庁舎及び出先庁舎での懸垂幕の掲示や、県広報紙への掲載、県内の街宣活動により、県民の皆さんへの呼びかけを行っているところです。

 

○ このたび、2月7日の「北方領土の日」に合わせ、北方領土返還に向けて県民の皆さんに理解を深めていただくため、同協議会協力のもと、県庁ロビーにて北方領土に関するパネル展を実施します。

  パネル展では、北方領土問題の基礎知識や歴史、返還運動についてのパネルを展示し、啓発動画の上映を行います。

 

○ また、2月26日には「令和5年北方領土返還促進福岡県民集会」を開催し、返還運動に携わる関係者や県民の皆さんと一体となって、領土返還に向けた強い意志を表明します。

 「北方領土の日」啓発県庁パネル展

1 日時

  令和5年1月25日(水) ~31日(火) 9時~17時15分 ※最終日は15時まで

2 場所

  福岡県庁1階ロビー モニターコーナー                                                     

3 内容

  ・北方領土問題の基礎知識や歴史、返還運動についてのパネル展示

  ・北方領土問題啓発動画「北方領土問題の解決のために」の上映

  ・啓発チラシ等の配布

令和5年北方領土返還促進福岡県民集会 

1 日時

  令和5年2月26日(日) 13時~16時 (12時30分開場)

2 場所

  八仙閣 本店(福岡市博多区博多駅東2-7-27)

3 内容

  ・福岡県中高生による発表

  ・根室高校 北方領土根室研修会による出前講座

4 主催

  北方領土返還促進福岡県民協議会

【参考】

 ○ 「北方領土の日」

  1855年(安政元年)2月7日、日魯通好条約が伊豆の下田で調印され、択捉島とウルップ島の間に国境が定められた 日にちなみ、政府が昭和56年1月6日の閣議で2月7日を「北方領土の日」に決定したものです。

○ 北方領土返還促進福岡県民協議会

 (目的) 北方四島の返還運動促進に寄与するため、それぞれの立場や信条の違いを越え、県民世論の喚起を図ることを目的とする。

 (設立) 昭和57年11月18日

 (会長) 木下幸子(きのしたさちこ) (福岡県地域婦人会連絡協議会 会長)

 (加盟団体)福岡県地域婦人会連絡協議会/福岡県母子寡婦福祉連合会/福岡新樹会/福岡青年会議所/梅ノ会/福岡県神社庁/福岡県神道青年会/日本労働組合総連合会福岡県連合会/福岡県北方領土問題教育者会議/NPO法人まちのカルシウム工房/衆議院議員 おにき誠事務所/福岡県郷友連盟

 (事務局) 十日恵比須神社内  連絡先:092-651-1563 担当:太郎良(たろうら)