ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 福岡市漁協が博多港の貨物船事故による油流出で、漁獲物への影響がないことを確認

本文

福岡市漁協が博多港の貨物船事故による油流出で、漁獲物への影響がないことを確認

発表日:2021年12月10日 18時00分 印刷
担当課:
農林水産部水産局漁業管理課
直通:
092-643-3555
内線:
4114
担当者:
中原、尾田

 令和3年12月10日午後、福岡市漁業協同組合が、博多湾で底引き網の試験操業を実施しました。

 この調査に、県水産海洋技術センターも同行し、漁獲されたヒラメやエビ類等に油の付着や匂いは無く、流出油による水産物への影響がないことを確認しました。

 

油写真(漁業管理課)