ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 令和3年8月11日からの大雨による災害に対して被災者生活再建支援法を適用しました

本文

令和3年8月11日からの大雨による災害に対して被災者生活再建支援法を適用しました

発表日:2021年9月17日 16時00分 印刷
担当課:
福岡県福祉労働部福祉総務課
直通:
092-643-3243
内線:
3208、3221
担当者:
時安、城後

 令和3年8月11日からの大雨による災害により、住家に多数の被害が生じ、被災者生活再建支援法に規定する自然災害の基準を超えたことから、同法の適用を決定しました。
 久留米市及び田川市における全壊、大規模半壊又は中規模半壊の被害を受けた世帯に対しては、各都道府県が拠出する被災者生活再建支援基金から、生活再建のための支援金が支給されます。

 

1 法適用日   令和3年8月12日

 

2 適用市町村  久留米市、田川市

 

3 適用の要件 

 〇久留米市:被災者生活再建支援法施行令第1条第1号

  住家滅失世帯数 150世帯以上(全壊1 半壊1/2 床上浸水1/3で算定)

  ※人口30万人以上の市町村の場合

 〇田 川 市:被災者生活再建支援法施行令第1条第6号

  (同条第3号又は第4号に規定する都道府県が2以上ある場合(※)に、人口5万人未満の市町村で2世帯以上の全壊被害が発生した市町村)

  ※佐賀県、広島県において支援法を適用

4 被害の状況

 〇久留米市(人口 304,552人)

   半壊 66世帯  床上浸水402世帯 

  (住家滅失世帯数:66×1/2 + 402×1/3 = 167世帯) 

 〇田川市(人口 48,441人)

   全壊 2世帯 

 

5 被災者生活再建支援法における支援の内容

  住宅が全壊、大規模半壊又は中規模半壊した世帯に対し、被害程度に応じた基礎支援金及び住宅の再建方法に応じた加算支援金が支給される。

                           (単位:万円)

 

基礎支援金

加算支援金

合計

1全壊

2解体

3長期避難

100

建設・購入

200

300

補修

100

200

賃借

50

150

4大規模半壊

50

建設・購入

200

250

補修

100

150

賃借

50

100

5中規模半壊

建設・購入

100

100

補修

50

50

賃借

25

25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※半壊であっても解体した場合は対象となる。

単身世帯は、支給額が3/4となる。

 

6 適用に伴うその他の支援施策

(1)県被災者生活再建支援金の支給

  1 支援対象:県内全市町村(久留米市、田川市以外)

  2 支援内容:上記5の被災者生活再建支援法と同一

 

(2)県被災者住宅再建支援事業

  1 支援対象:県内全市町村

  2 支援内容:住宅を建設・購入、補修した際に、金融機関から借入れを行った場合、借入金の利子相当額を助成 上限100万円