ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 米国(サンフランシスコ)事務所の運営体制を見直します

本文

米国(サンフランシスコ)事務所の運営体制を見直します

発表日:2020年9月25日 14時00分 印刷
担当課:
国際政策課
直通:
092-643-3214
内線:
2554
担当者:

米国(サンフランシスコ)事務所の運営体制を見直します

○ 米国事務所の運営体制を、現在のサンフランシスコへの県職員派遣から、ニューヨーク及びロサンゼルスでの委託駐在員設置に変更します。

 

1.概要

  • 現在、米国では、トランプ政権の移民政策の影響により、就労ビザの審査が厳しくなっており、県職員の駐在員派遣が困難となっています。
  • 一方で、米国での日本食ブームを背景に、日本茶をはじめ本県が強みを持つ商品も人気となっているため、食品関連企業などを中心に、本県企業から特にニューヨークやロサンゼルスへの進出や販路拡大に関する相談案件が増えています。
  • このため、米国事務所の運営体制を、現在のサンフランシスコへの県職員派遣から、ニューヨーク及びロサンゼルスでの委託駐在員設置に変更します。

 

2.見直し時期

  令和2年10月1日から

 

3.委託駐在員

  • ニューヨーク: Canvas Creative Group 代表 釣島 健太郎(つるしま けんたろう)

    ロサンゼルス: KRC International Inc. 副社長 山川 恒平(やまかわ こうへい)

    ※現地のマーケットやビジネスに熟知した専門家

 

・連絡窓口:国際局国際政策課 

 電話番号: 092-643-3214  メールアドレス: intpol@pref.fukuoka.lg.jp