ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 富士通株式会社とワーケーション推進に関する協定を締結します

本文

富士通株式会社とワーケーション推進に関する協定を締結します

発表日:2023年2月2日 14時00分 印刷
担当課:
企画・地域振興部市町村振興局政策支援課
直通:
092-643-3179
内線:
2642
担当者:
森田、白垣

 福岡県では、移住・定住の裾野の拡大に繋がる「関係人口」の創出・拡大に取り組んでいます。

 その一環として、このたび、ワーケーションを積極的に活用した新しい働き方を実践し、地方創生や地域課題の解決に向けたワーケーション推進を全国の自治体と連携して行っている富士通株式会社と、「ワーケーションパートナーシップ協定」を締結することとしました。

 ついては、以下のとおり締結式を行いますのでお知らせします。

 この協定に基づき、同社と連携して、ワーケーションを契機とした関係人口の創出や地域課題の解決に取り組んでまいります。

 

<協定締結式の概要>

1 日 時  令和5年2月6日(月曜日)14時15分~14時30分

2 場 所  福岡県庁8階 特別会議室

3 署名者  富士通株式会社 平松浩樹  執行役員 EVP CHRO

         福岡県       服部誠太郎 知事

4 協定の内容等

  地方創生や地域課題の解決に向けた本県のワーケーション推進

 (主な連携事項)

   本県のワーケーション関連施設及びサービスの拡充

   富士通株式会社の社員のワーケーション推進

 (実施予定の取組例)

   富士通株式会社による地域交流を伴った県内でのモニターツアーの実施

   県から富士通株式会社へ県内のワーケーション等に関する情報を提供

5 次 第

  ・開会、出席者紹介

  ・署名、写真撮影

  ・服部知事あいさつ

  ・平松執行役員EVP CHROあいさつ

  ・閉会

  ※締結式終了後、当課職員及び富士通株式会社の担当者が取材に対応します。