ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 国の「セーフティネット保証5号」の対象業種の追加指定に伴い県制度融資の対象業種を拡大します!

本文

国の「セーフティネット保証5号」の対象業種の追加指定に伴い県制度融資の対象業種を拡大します!

発表日:2020年3月12日 12時00分 印刷
担当課:
商工部中小企業振興課
直通:
092-643-3424
内線:
3666
担当者:
酒谷

 国は、「セーフティネット保証5号」の対象となる業種について、3月6日(金曜日)に緊急的に40業種を指定したのに続き、新型コロナウイルス感染症により特に重大な影響が生じている業種として、3月13日に(金曜日)に316業種を「セーフティネット保証5号」の対象業種として追加指定します。 
 県では、この「セーフティネット保証5号」に追加される対象業種の県内中小企業・小規模事業者を、県の制度融資「緊急経済対策資金」の対象に加え、資金繰り支援を拡充します。

<県制度融資「緊急経済対策資金」による金融支援>

 県制度融資「緊急経対策資金」では、セーフティネット保証5号の認定事業者を融資対象としています。今回の追加指定(316業種)により、同資金を利用できる対象業種を拡大します。  
  <融資条件>

 (1)融資利率:1.3%
 (2)保証料率:0.7%
 (3)融資限度額:1億円
 (4)返済期間:10年以内(据置2年以内)
 (5)申込先:取扱金融機関、商工会議所、商工会、中小企業団体中央会
 (6)追加業種 (3月13日(金曜日)~):316業種(192業種→508業種)
  (旅館・ホテル、食堂、レストラン、フィットネスクラブなど) 

3月13日(金曜日)付 セーフティネット保証5号追加指定業種 [PDFファイル/729KB] 
3月6日(金曜日)付 セーフティネット保証5号追加指定業種 [PDFファイル/277KB]
セーフティネット保証5号の指定業種 [PDFファイル/1.23MB]   
  

 
※セーフティネット保証5号について
(1)根拠法
  中小企業信用保険法(第2条第5項第5号)
(2)制度概要 
  全国的に業況の悪化している業種に属することにより、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で保証(80%保証)を行う制度  
(3)対象者
  (1)、(2)のいずれかの要件を満たし、市区町村長の認定を受けた中小企業者
     (1)指定業種に属する事業を行っており、最近3か月間の売上高等が前年同期比5%以上減少
    ※時限的な運用緩和として、2月以降直近3ケ月の売上高が算出可能となるまでは、直近の売上高等の減少と売上高見込みを含む3ケ月間の売上高等の減少でも可
  (2)指定業種に属する事業を行っており、製品等原価のうち20%以上を占める原油等の仕入価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、製品等価格に転嫁できない中小企業者

 

【参考】県制度融資「緊急経済対策資金」による金融支援(4号との比較) [PDFファイル/59KB]