ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > (変更)「地方連携推進フォーラム2022in福岡」を開催します!

本文

(変更)「地方連携推進フォーラム2022in福岡」を開催します!

発表日:2022年1月18日 13時30分 印刷
担当課:
生活安全課
直通:
092-643-3193
内線:
2963
担当者:
石川
 

変更

新型コロナウイルス感染症拡大を鑑み、一般参加を中止し、後日、動画配信を行う開催方法に変更します。

動画が完成次第、改めて記者発表します。

 

~認知症700万人時代における消費者被害防止体制の構築に向けて~ 

○ 人生100年時代を迎え、高齢者の消費者被害をいかに食い止めていくかは、喫緊の課題となっています。

○ このため、消費生活センターや地域包括支援センターといった行政機関が、地域で活躍する消費者団体や福祉団体など、多様な主体と連携・協働することにより、地域の実情に沿った見守りネットワークの輪を広げていくことが求められています。

○ このネットワークによる見守り体制の構築を促進するため、消費者庁・福岡県の共催により「地方連携推進フォーラム2022in福岡」を開催します。

1 日時(中止)

  令和4年1月21日(金曜日) 13時10分~16時50分

2 場所(中止)

  アクロス福岡 4階 国際会議場 (福岡市中央区天神1丁目1番1号)

3 定員(中止)

  50名(先着順) ※参加料無料

4 申込み方法(中止)

  申込みフォームまたはFAXによりお申し込みください。

  ※申込み締切日 1月17日(月曜日)必着

  申込みフォーム https://form.caa.go.jp/input.php?select=1106

  FAX 03-3507-9286

5 問合先

  地方連携推進フォーラム2022運営事務局 TEL 03-3507-9190

6 プログラム

(1)開会挨拶

   ・福岡県副知事 生嶋 亮介

   ・消費者庁審議官 日下部(くさかべ) 英紀(ひでき)

(2)基調講演

  「消費者見守りネットワークの作り方、広げ方 ~設置・展開のための7つのポイント~ 」

   薬袋(みない) 真司(しんじ)氏(日本弁護士連合会消費者問題対策委員会幹事)

(3)基調報告

  「認知症でも安心して外出できるまちづくり」

  松枝(まつえだ) 芳昭(よしあき)氏(大牟田市保健福祉部福祉課総合相談担当課長)

(4)各機関からの取組報告

  ・消費者庁(新未来総合戦略本部)

  ・福岡県(人づくり・県民生活部生活安全課、消費生活センター)

  ・福岡県内各市(大牟田市、久留米市、行橋市、春日市)

  ・他地域(新潟県佐渡市)

  ・関係団体(エフコープ生活協同組合、社会福祉法人福岡県社会福祉協議会)

7 その他(中止)

  本フォーラムの内容は、後日、消費者庁ホームページにて動画配信される予定です。