ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 病床数の確保等について

本文

病床数の確保等について

発表日:2021年4月30日 00時00分 印刷
担当課:
福岡県新型コロナウイルス感染症対策本部事務局(がん感染症疾病対策課)
直通:
092-643-3609(病床)092-643-3620(ワクチン)092-643-3343(センター)
内線:
3384、3327、3319
担当者:
山田(病床)、馬場(センター)、唐木(ワクチン)

1 病床の確保について

 

新型コロナ患者を受け入れる病床について、本日新たに63床を確保し、858床から921床に増床。

そのうち、重症者を受け入れる病床については、新たに19床を確保し、113床から132床に増床。

 

引き続き、医療機関と個別に協議を進め、協議が整ったところから随時増床しながら、5月中を目途に1,220床の確保を目指します。

 

2 「コロナウイルス感染症サポートセンター(仮称)」の設置について

 

自宅療養あるいは待機患者を、宿泊療養施設に誘導する他、自宅療養中の健康管理を支援する「コロナウイルス感染症サポートセンター(仮称)」について、県医師会と連携して設置します。(設置場所、開所時期などについては今後調整)

 

 

サポートセンター要員が、保健所で自宅待機に分類されたコロナウイルス感染症患者リストをもとに、コロナ感染症患者に電話で、ホテル宿泊療養の案内と健康チェックを行います。

 

3 ワクチン配分計画について

 

本日、厚生労働省から高齢者向け接種のための新型コロナウイルスの各自治体への割り当ての見通しが示されました。

6月最終週までには、全高齢者が2回接種可能となる量のワクチンの供給が供給される見込みです。

 

 

配送時期

 

ワクチン配分決定量及び計画量(箱数)

全国

福岡県

既に配送された分配及び配送量 確定分

6,841箱

   236箱

【第5クール】5/10週~配送分

   16,000箱

   567箱

【第6クール】5/24週~配送分

13,000箱

   538箱

【第7クール】6/7週~配送分

   13,435箱

   558箱

【第8クール】6/21週~配送分

   13,434箱

   557箱

 

計62,710箱分

高齢者人口3,549万人

×2回分の接種可能量

計2,456箱分

高齢者人口140万人

×2回分の接種可能量

  ※上記に加え追加の割り当てがある。