ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 福岡県における高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜確認事例の野鳥監視重点区域の解除について

本文

福岡県における高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜確認事例の野鳥監視重点区域の解除について

発表日:2020年12月29日 00時00分 印刷
担当課:
環境部自然環境課
直通:
092-643-3367
内線:
3472
担当者:
入江・加藤

 福岡県宗像市の肉用鶏農場での高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜の確認を受けて、令和2年11月25日(水曜日)に環境省により野鳥監視重点区域が指定され、野鳥監視の強化をしてきたところですが、その後、当該区域内で野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため、12月28日(月曜日)24時に当該区域が解除されましたのでお知らせします。

報道発表資料

福岡県における高病原性鳥インフルエンザ疑似患畜確認事例の野鳥監視重点区域の解除について [PDFファイル/394KB]