ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 内閣府「地域バイオコミュニティ」第1号に認定 ~福岡バイオバレープロジェクトがさらに加速!~

本文

内閣府「地域バイオコミュニティ」第1号に認定 ~福岡バイオバレープロジェクトがさらに加速!~

発表日:2021年6月25日 00時00分 印刷
担当課:
商工部新産業振興課
直通:
092-643-3448
内線:
3772、3771
担当者:
藤田、古賀
担当課:
福岡県バイオ産業拠点推進会議事務局 株式会社久留米リサーチ・パーク
直通:
0942-37-6124
担当者:
岡崎、一木

 県と久留米市は、国(内閣府)が全国で4か所指定を行う「地域バイオコミュニティ」(地域の企業や研究機関を中核として、特色あるバイオ産業を展開することで、持続可能な循環型社会を実現し、世界市場にも進出する企業が活躍・発展する地域拠点)の採択を目指し、連携して提案を行っておりましたが、今般、「地域バイオコミュニティ」第1号として認定されましたので、お知らせします。
 この認定により、国が実施する各種施策を最大限活用することが可能となり、「福岡バイオバレープロジェクト」の更なる加速が期待されます。
 7月2日(金曜日)、今回の認定を受け、福岡県知事と久留米市長による共同記者会見を行います。
 また、会見終了後、本年4月に開所した新インキュベーション施設「福岡バイオイノベーションセンター」の施設見学会を開催し、充実した設備や最新の機器を視察します。

■共同記者会見

【開催日】

令和3年7月2日(金曜日)
15時30分から16時00分 共同記者会見
16時00分から16時30分 施設見学会
※施設見学会後に、事務局による質疑応答の時間を予定(16時30分から)

【場所】

株式会社久留米リサーチ・パーク(久留米市百年公園1番1号)

【出席者】

福岡県 知事 服部 誠太郎(はっとり せいたろう)
久留米市 市長 大久保 勉(おおくぼ つとむ)
その他、福岡バイオバレープロジェクト関係者

【取材について】

取材位置等確保のため、取材をご希望の場合は、別紙取材申請書にて7月1日(木曜日)正午までにお申し込みください。

取材申請書 [Wordファイル/32KB]

■参考

〇国(内閣府)のバイオ戦略に基づく「地域バイオコミュニティ」認定制度について

【選定地域】

福岡、北海道、鶴岡、長岡 (全国で4ヵ所の地域が認定)

【地域バイオコミュニティの役割】

・地元の大学や企業等との協業により、地域の課題解決に資するバイオ関連事業を推進する。
・地域の特色を生かした取組の成果を広く情報発信し、他の地域との連携を促進する。
・対象とする市場領域を発展させ、世界市場に進出するとともに、雇用創出等により地域経済を活性化する。

【国の支援策】

・国の関連事業の優先的な適用、国施策への意見の反映
・人材・投資を呼び込むための、国内外への情報発信
・認定ロゴマークの使用 など

福岡バイオバレープロジェクトについて

 県では久留米市と連携のもと、平成13年度に設立した産学官で構成する「福岡県バイオ産業拠点推進会議(事務局:株式会社久留米リサーチ・パーク)」を核に、久留米地域を中心としたバイオ関連企業等や研究機関の集積を目指すプロジェクト。
 「創薬」「バイオツール」「機能性食品」などの研究開発の促進やベンチャー企業の育成に取り組んでいる。

福岡バイオイノベーションセンターの施設概要

福岡バイオイノベーションセンター 施設概要 [PDFファイル/2.54MB]