ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 「明治日本の産業革命遺産」企画展-写真で見る官営八幡製鐵所-を開催します!

本文

「明治日本の産業革命遺産」企画展-写真で見る官営八幡製鐵所-を開催します!

発表日:2023年2月14日 11時00分 印刷
担当課:
文化振興課九州国立博物館・世界遺産室
直通:
092-643-3162
内線:
2844
担当者:
日永田

 

○ 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」は19世紀の半ばから20世紀の初頭にかけて、製鉄・製鋼、造船、石炭産業という重工業分野において、急速な産業化を進め、日本を世界の経済大国に押し上げた過程を証言する遺産です。

○ 「明治日本の産業革命遺産」福岡県世界遺産連絡会議(福岡県/北九州市/大牟田市/中間市)では、県内の構成資産について多くの県民に知っていただくため、平成30年度から県内の博物館等において企画展を開催しています。

〇 今回は、以下のとおり開催しますので、ぜひ御来場ください。

1 会場及び会期

  令和5年2月17日(金曜日)から令和5年3月17日(金曜日)まで

2 会場

 スペースLABO ANNEX(北九州市八幡東区東田2-2-11)

3 テーマ

 北九州市及び中間市に所在する官営八幡製鐵所関連施設の建設過程、また、現在の姿に焦点を当てた企画展。

4 展示品

 日本製鉄株式会社九州製鉄所が所有する古写真など14点を展示します。