ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 世界遺産キッズアカデミー成果発表会を開催します!

本文

世界遺産キッズアカデミー成果発表会を開催します!

発表日:2022年11月11日 11時00分 印刷
担当課:
人づくり・県民生活部 文化振興課 九州国立博物館・世界遺産室
直通:
092-643-3162
内線:
2844
担当者:
日永田

 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(平成27年登録)は、幕末から明治にかけ、重工業分野において急速な産業化を進め、日本を世界の経済大国に押し上げた過程を証言する遺産です。
 今年度、本遺産の構成資産がある地元小学校の児童を対象として、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」についての学びと児童の交流を目的とした「世界遺産キッズアカデミー」を開催しています。
 このたび、当アカデミーの講座を受けた参加児童が自ら調べ、学んだ成果をオンラインで発表する「世界遺産キッズアカデミー成果発表会」を開催します。
 発表会では、各学校の児童が相互に質問し合うなど、オンラインならではの新たな交流促進を図ります。

1 主催

 「明治日本の産業革命遺産」福岡県世界遺産連絡会議(福岡県、北九州市、大牟田市、中間市)

2 開催日時

令和4年11月17日(木曜日)10時45分~12時00分

3 参加校

北九州市立花尾小学校(北九州市八幡東区祇園):5年生(3クラス 計106人)
大牟田市立駛馬(はやめ)小学校(大牟田市馬場町):6年生(2クラス 計46人)
中間市立中間北小学校(中間市岩瀬):6年生(1クラス 計39人)

4 概要

・北九州市立花尾小学校:八幡製鉄所の「過去・現在・未来」について
・大牟田市立駛馬小学校:「宮原坑すごかポイント」の紹介
・中間市立中間北小学校:私たちの世界遺産「遠賀川水源地ポンプ室はすごいんだぬん!」