ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 観光・物産 > 観光情報 > 「風治八幡宮川渡り神幸祭(じんこうさい)」に出席しました

本文

「風治八幡宮川渡り神幸祭(じんこうさい)」に出席しました

更新日:2019年5月18日更新 印刷

 5月18日、田川市で開催された「風治八幡宮川渡り神幸祭」(5月18、19日)に小川知事が出席しました。

 約450年の歴史を誇る「風治八幡宮川渡り神幸祭」は、みこしと山笠が彦山川を渡り、川の中で若衆が山笠を揺すり気勢を上げる豪快な祭りで、県指定無形民俗文化財第1号に指定されています。
 知事は若衆を激励するとともに、指揮者としてみこしを先導するなど、積極的に祭りにも参加しました。

 祭り2日目となる19日(日曜日)には、午前中に「TAGAWAご当地芸能祭」や「正調炭坑節総踊り」が開催される他、午後からは、1日目と逆の順番で山笠が彦山川へ入り、激しい水しぶきの掛け合いをご覧いただけます。ぜひ会場へお越しください。

 祭りに関する情報はこちらをご覧ください。

指揮者としてみこしを先導する知事

(写真)指揮者としてみこしを先導する知事

風治さつきの会の皆さんと

(写真)風治さつきの会の皆さんと

知事

(写真左から)佐々木允 福岡県議会議員、知事、二場公人 田川市長

祭りの様子

(写真)祭りの様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。