ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

遊休土地制度

更新日:2018年9月27日更新 印刷

(1)概要

 この制度は、国土利用計画法に基づく届出制又は許可制の適用を受けて取得した土地のうち、2年を経過してもなお何らかの利用がなされていない一定規模以上の一団の土地で、特に利用を促進する必要のあるものについて、遊休土地として認定し、所有者に対し、その土地利用や処分の計画を求め、さらに積極的利用のために必要な助言・勧告を行い、利用の促進を図っていくものです。

(2)遊休土地実態調査

 県では、遊休土地に関する措置を適正かつ円滑に行うための基礎資料を得ることを目的として遊休土地実態調査を行っています。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)