ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 自然環境 > 鳥獣保護 > 冬の野鳥観察会 in 飯塚市立八木山小学校

本文

冬の野鳥観察会 in 飯塚市立八木山小学校

更新日:2021年1月28日更新 印刷

福岡県野生鳥獣保護モデル校の八木山小学校で、冬の野鳥観察会が開催されました。

 飯塚市立八木山小学校では、全校生徒を対象とした恒例行事として、自然豊かな学校周辺の山野をフィールドとした野鳥観察会を実施しています。

 今回は令和2年度の野鳥観察会の様子をお知らせします。

   【実施日時】  令和3年1月15日 金曜日 

   【実施場所】  飯塚市立八木山小学校 及び その周辺

   【講師】  日本野鳥の会筑豊支部の皆さん

野鳥観察会

観察会の様子

 2班に分かれて、八木山小学校の周辺を散策しながら野鳥観察を行いました。

 1週間前に降った雪がまだ少し残っていましたが、当日は晴天で明るく、遠くの鳥の様子もよく観察できました。

 双眼鏡を使って観察し、観察できた野鳥の種類や見分け方について講師の方から解説を受けました。身体、口ばしの色、羽、鳴き声、暮らし等、様々なお話を伺うことができました。双眼鏡を覗き込んではチェックシートに鳥の名前を書きこんだり、手持ちの図鑑に目を通したり、楽しく観察することができました。

 また、上空で優雅に旋回するタカを観察できたときは、参加した児童達は大喜びでした。畑から一斉に飛び立つスズメの群れ、枝の上にとまっていたカワラヒワ、チチッ、チチッ、と鳴くホオジロ等、たくさんの野鳥を観察することができ、私たちの身近な場所に多くの野鳥が生息していることを知りました。

 双眼鏡を使って、野鳥の詳細なところまで観察している様子です。 ヒヨドリのほっぺたの色を確認している様子です。

 講師がセットした望遠鏡をのぞいて野鳥を観察する児童の様子です 観察できた野鳥を図鑑で確認し、講師の方から解説を受けている様子です。

 木と木の間にとまっているカワラヒワ2羽を双眼鏡で観察しました。体は少し灰色、口ばしはピンク、おなかの羽の一部分が黄色で、この黄色の部分がとてもきれいでした。観察会中カワラヒワは何度も観察することができたため、児童の中には自分で見分けることができるようになった児童もいました。

 木と木の間にとまっているカワラヒワ2羽です。ゆっくり観察することができました。 木にとまっているカワラヒワを観察している様子です。

 

活動のまとめ

 観察会後、観察できた野鳥の数を確認しました。1班では15種類、2班では21種類観察することができました。

 冬鳥は、アオジ、カシラダカ、コガモ、シロハラ、ジョウビタキ、ツグミ、ハイタカ
 留鳥は、エナガ、カワラギ、カワラバト、カワラヒワ、キセキレイ、コゲラ、シジュウカラ、スズメ、セグロセキレイ、タカ類、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒサシギ、ヒヨドリ、ホオジロ、メジロ、モズ、ヤマガラ を観察することができました。

 観察した野鳥の解説をする講師の様子です

 1班では、たくさん観察できたカワラヒワについて振り返りを行いました。講師の方から、カワラヒワの特徴は?という質問があると、児童からは、羽は黄色で口ばしはピンク!という元気な回答が返ってきました。

 また、今日の観察会の感想を代表児童が発表しました。
 野鳥を見るのはとても楽しかった、低学年の頃から参加していて今回が最後の野鳥観察会になったが今回が1番面白かった、といった感想を発表してくれました。

 講師の方からのおわりの挨拶では、今日はカワラヒワをたくさん観察することができた上に野鳥の詳細な特徴まで説明をすることができたので大変良かったこと、今日の観察会をきっかけに通学途中等今後も野鳥観察を続けてほしいこと、そして、野鳥を観察するときは全体をみるのではなく、双眼鏡で野鳥の特徴をとらえ野鳥を見分けることまでぜひ挑戦してほしい、といったお話がありました。

 これまで何度も野鳥観察会に参加してきた八木山小学校の高学年児童は、本当に良く野鳥のことを知っていて驚きます。すばらしい観察力でいち早く野鳥を発見したり、野鳥の美しさや不思議さ、面白さを教えてくれたりと大変感心しました。また、低学年児童も積極的に講師の方のお話に耳を傾けたり図鑑を確認したりして、野鳥のことを学ぼうという気持ちが感じられました。

 これからも野生鳥獣保護モデル校事業を通して、子ども達が身近な野鳥に親しみ、自然を大切にする心を育む手助けをしていければ幸いです。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。