ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 一般国道322号(嘉麻バイパス) 山田トンネルが貫通しました(令和4年9月3日)

本文

一般国道322号(嘉麻バイパス) 山田トンネルが貫通しました(令和4年9月3日)

更新日:2022年9月21日更新 印刷

山田トンネル 貫通

 令和3年11月20日に着工し整備を進めていた山田トンネル(431m)が、無事に貫通したことを祝って、工事請負者である東急・サカヒラ・修成特定建設工事共同企業体主催の貫通式が、令和4年9月3日に開催されました。

1

嘉麻バイパス イメージ

事業概要

 一般国道322号は、北九州市小倉北区を起点とし、筑豊地域を経由し、久留米市に至る延長118kmの主要幹線道路です。本路線の大隈峠には平面、縦断線形不良箇所が点在し、その中の副楽隧道では高さによる通行制限があり、広域的な物流機能や緊急輸送道路としての機能が十分に果たせていない状況です。

 このため、嘉麻市の下山田から大隈町の間に、2.65kmのバイパス道路を整備し交通の円滑化を図るものです。

 完成後は、大型コンテナ車の交通が可能になるとともに、所用時間も短縮され、物流の効率化が図られます。
嘉麻バイパス概要

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。