ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 観光・物産 > 物産振興・地場産業 > 首都圏の福岡ゆかりの店(平成28年度)

本文

首都圏の福岡ゆかりの店(平成28年度)

更新日:2019年4月26日更新 印刷

首都圏の福岡ゆかりの店を紹介します

各店舗URLをクリックすると新しいウインドウで店舗のサイトが表示されます。

お問い合わせは各店舗へ直接ご連絡ください。

バル エスパニョール ラ・ボデガ銀座店

karupattyoahi-jo

 いつも多くの人で賑わっている東急プラザ銀座の中にあるスペインバル「ラ・ボデガ銀座店」では、本場スペインのバルの雰囲気と本格スペイン料理をお楽しみいただけます。お勧めは福岡・長浜漁港から直送された鮮魚を使った様々な料理。カルパッチョや魚介のアヒージョ、スペイン風ブイヤベース、月替わりの魚料理など、採れたてならではの旬の味を、スペイン海岸部の魚介料理で堪能することができます。他にも、こだわり抜いて作られたパエリャや、現地のバルを実際に食べ歩いて再現されたメニュー、料理と相性抜群のスペインワインなども味わうことができます。

アクセス:東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩1 分、JR 「有楽町駅」から徒歩4分(東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座10 階)

問合せ先:ラ・ボデガ銀座店 03-6264-5456

「ラ・ボデガ」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

【閉店】博多一幸舎 池袋東口店

ramentya-mayo

 博多一幸舎のこだわりは、県外でも博多を味わえる店づくり。味はもちろん、店内に入った瞬間に、懐かしい博多の空
気で迎えてくれます。特徴は、2つの羽釜を用いた「熟成羽釜追い炊き製法」で作るスープ。熟したスープに若いスープを注ぎ足すことで、豚骨本来の旨味を凝縮させます。この過程で生まれる“脂泡”と呼ばれるきめ細かな泡は、豚骨本来の旨さの証。この濃厚でクリーミーな口当たりのスープに、福岡の製麺所「製麺屋慶史」の細平打ち細麺がよく絡みます。ほかにも、皮から手作りする「博多一口餃子」や「博多明太丼」、特製チャーシューがたっぷりのった「チャーマヨ丼」も人気です。職人による“元祖泡系”の一杯を、ぜひご賞味ください。

※池袋東口店のほか、ららぽーと立川立飛店もあります。

アクセス:JR「池袋駅」東口から徒歩5分(東京都豊島区東池袋1-40-10 川又ビル1 階)

博多ラーメン 和

ramengyouza

 東京・赤坂の路地裏を一本奥に入ると、懐かしい博多ラーメンを食べられる「和」が迎えてくれます。一口食べると口いっぱいに広がる「本場の味」。それもそのはず、ストレートの細麺とトッピングの辛子高菜は福岡から仕入れており、自家製のチャーシューは福岡のニビシ醤油で煮込まれたもの。豚骨スープはクリーミーでありながらクドくない絶妙なバランスに仕上げられています。また、博多一口餃子や明太子ごはんなど、ラーメンと相性ばっちりのメニューも味わうことができます。ビールやランチメニューもありますので、仕事終わりや昼の休憩など、いろいろなシチュエーションで博多ラーメンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセス:東京メトロ千代田線赤坂駅から徒歩2分、東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅から徒歩3分(東京都港区赤坂5丁目1-36)

問合せ先:博多ラーメン 和 03-6435-5514

「博多ラーメン和」HPはコチラ (新しいウインドウで開きます)

【休業中】ワインバル 博多うきしま倉庫

course

 雑多な池袋西口の地下に入ると、そこはバルセロナのモダンバルのようなお洒落なお店「ワインバル 博多うきしま倉庫」。厳選された130種類のワインや、福岡の地酒、焼酎をリーズナブルにお楽しみ頂けます。オススメは、厳選された福岡の食材を中心に、お洒落なココットで頂く水炊きを中心としたコース。水炊きは、朝〆の新鮮な鶏肉と旬の野菜を使用。真さばの博多胡麻醤油和えや、福岡の醤油を使用した国産牛ハツのおろし生姜ポン酢など、博多料理をベースにイタリア・スペイン料理のエッセンスを加えたお料理をお楽しみ頂けます(単品の注文も可能)。また、博多出身のワインソムリエが、お客様の気分に合わせ、豊富なワイン・日本酒、焼酎と様々なお料理とのマリアージュを演出してくれます。池袋に行かれた際は、是非訪問してみてください。

アクセス:JR「池袋駅」西口から徒歩2分(東京都豊島区西池袋1-21-2 ハイブリッジ西池袋ビル地下1階)

問合せ先:ワインバル 博多うきしま倉庫 03-3984-2425

もつ鍋おおやま東京店

motsunabesumotsu

 池袋パルコにある「もつ鍋おおやま東京店」は、いつも沢山のお客様で賑わっています。オススメはもちろんもつ鍋。みそ味、しょうゆ味、しゃぶしゃぶ風味と、こだわり抜いた3種のスープを選ぶことができます。中でも数種類の味噌をブレンドし特製のタレを加えたみそ味は、濃厚なコクがありながら後味はあっさりとしており、ぷりぷりとしたもつとの相性も抜群。もつ鍋のほかにも、酢もつや辛子明太子、辛子高菜など、福岡の味をお楽しみいただけます。「喜多屋」などの福岡の日本酒や、九州の焼酎・ハイボールを取り揃えています。東京・池袋で、ぜひ本場のもつ鍋を囲んでみてはいかがでしょうか。

アクセス:池袋駅から徒歩5分(東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ本館8 階)
問合せ先:もつ鍋おおやま東京店 050-5592-5203
「もつ鍋おおやま」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

二◯加屋長介(にわかやちょうすけ) 中目黒店

udongomakanpati

 福岡でにわかにブームとなっているうどん居酒屋。そのはしりと言われている「二◯加屋長介」が、東京・中目黒にオープンしました。おすすめは、福岡を代表する郷土料理「水炊き」をベースとした「鶏白湯あつかけうどん」。鶏ガラを6時間炊いた白濁スープは濃厚でありながら雑味を感じさせない味わいで、福岡・糸島産小麦にこだわったうどん麺は、しなやかなコシと優しい口当たりが特長。また、胡麻かんぱちや炙り明太子といった福岡を感じられる料理をはじめ、肉や魚、揚げ物まで80を超える料理を楽しむことができます。「角打感覚でちょっと飲みたい」「居酒屋としてお酒も料理もしっかり楽しみたい」「〆に軽く立ち寄りたい」など、様々なシチュエーションでうどん居酒屋という福岡のトレンドに触れることができます。

アクセス:中目黒駅から徒歩3分(東京都目黒区上目黒3-5-29 中目黒高架下)

問合せ先:二◯加屋長介 03-6452-4170

「ニ○加屋長介」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

一風堂スタンド 浜松町店

ippuudou

 福岡・大名で創業し、今や首都圏でもおなじみとなっている一風堂。今年の7月から、ラーメンだけでなく美味しい日本酒とおつまみを立ち呑みスタイルで楽しめるまったく新しいコンセプトの「一風堂浜松町スタンド」がオープンしました。ラーメンのために生まれた福岡県産小麦「ラー麦」を使用したラーメンや博多ひとくち餃子といった定番メニューに加え、福岡市の「住吉酒販」がセレクトした日本酒好きも唸らせるラインナップの日本酒、八女市の老舗「豆藤」の厚揚げや丸天などを使ったおつまみが取り揃えられています。11月からは「一風堂西五反田スタンド」もオープンしました。ちょっとつまんで気軽に呑んで、ラーメンで締めくくる一風堂スタイルをお楽しみください。

アクセス:JR・東京モノレール浜松町駅北口から徒歩3 分、都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩1 分
            (東京都港区浜松町1−27−6 マストライフ大門・浜松町1 階)

問合せ先:一風堂スタンド浜松町店 03-6459-0068

「一風堂」HPはコチラ (新しいウインドウで開きます)

 

國廣 芝大門店

 nabe

 芝大門のとあるビルの2階にある「國廣芝大門店」。落ち着いた雰囲気の店内では、九州各地の食材が迎えてくれます。名物は、福岡を代表する郷土料理のもつ鍋・炊き餃子に加え、日経レストランで全国準グランプリを受賞したこともある「博多トリッパ鍋」の三大鍋。他にも福岡・長浜直送の鮮魚や、がめ煮、酢もつ、焼き豚足など、福岡の味を堪能することができます。また飲み物でも、寒北斗や天心、若波といった福岡の地酒のほか、厳選された九州のお酒をお楽しみ頂けます。寒くなってきたこの時期に、福岡の懐かしい味がいっぱいの温かな鍋を囲んでみてはいかがでしょうか。

アクセス:JR・東京モノレール浜松町駅金杉橋方面出口から徒歩5 分、都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩3 分、都営三田線芝公園駅から徒歩5 分(東京都港区芝大門2-6-10 2 階)

問合せ先:國廣 芝大門店 03-3437-2242

「國廣」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

博多麺房 赤のれん 丸ビル店

ra-menbara

 丸の内ビルの6階にある「博多麺房 赤のれん」。福岡市箱崎で評判だった博多赤のれんに弟子入りをした先代店主が、1週間頼みこんで暖簾分けしてもらい、東京で創業したのが由来です。コクと旨みがありながらしつこくない醤油仕立てのとんこつスープと、腰が強い平打ち細麺の相性は抜群。辛子高菜や明太子をトッピングすることもできます。昼はお得なランチセットも提供され、夜になると豚バラ串や水餃子といった逸品メニューを味わうことができるラーメン居酒屋に様変わりします。ライトアップされた東京駅を肴に、餃子やおつまみとお酒を一献、〆は本場の博多ラーメン。そんな夜はいかがでしょうか。

アクセス:JR東京駅 丸の内南口から徒歩2分、地下鉄千代田線 二重橋前駅から徒歩3分(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング6階)

問合せ先:博多麺房 赤のれん 丸ビル店 03-3201-4775(丸の内店のほか、西麻布店 03-3408-4775)

「博多麺房赤のれん」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

博多もつ楽 渋谷店

motunabemenntai

 賑やかな渋谷の通りで迎えてくれる「博多もつ楽」。店内ではうまかもんの宝庫である九州の郷土料理が提供されています。こだわりの逸品は、ボリュームたっぷりの博多明太もつ鍋。使用しているのは福岡の老舗「かねふく」の明太子で、ぷりぷりのもつとの相性は抜群です。また、明太子の使用はもつ鍋にとどまらず、だし巻き明太や炙り明太子といった定番メニューはもちろん、明太子の天ぷらや桜チップを使った燻製、厚く切った蓮根で挟み揚げる蓮根明太揚げなど、明太子を使った様々なメニューを味わうことができます。渋谷でこだわりの明太子メニューを味わいたくなったら、ぜひ訪れてみてください。

アクセス:JR渋谷駅から徒歩3分(東京都渋谷区宇田川町26-3 サンルイビル地下1階)

問合せ先:博多 もつ楽 渋谷店 03-5728-7599

「博多もつ楽」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

博多うどん酒場 イチカバチカ

udonbara

  「博多の食文化の魅力を、もっともっと広めたい」。そんな想いが博多うどんと豚バラ串のコラボレーションを起こしました。今年の8月にオープンした「博多うどん酒場 イチカバチカ」では、福岡県産小麦「ニシホナミ」を100%使用したうどんと、福岡の老舗「焼きとりの八兵衛」の豚バラ串を中心に据え、福岡の食文化を発信しています。うどんのダシは昆布やいりこ、焼きスルメやホタテ貝柱などからとられており、透き通った黄金色で力強い味わい。博多うどんらしい「やわ麺」はもちもちしていて食べ応えがあります。肉のプロが選び抜いた新鮮な豚バラを使用した串は、塩、味噌、タレの3種類の味を楽しむことができます。“一か八か”ではない直球な博多のうどんと豚バラ串を堪能したいときは、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス:恵比寿駅から徒歩2分(東京都渋谷区恵比寿南1-8-9)

問合せ先:博多うどん酒場 イチカバチカ 03-5724-3130

「博多うどん酒場 イチカバチカ」HPはコチラ (新しいウインドウで開きます)

九州の地魚料理 侍 日本橋店

sasimori menntaitennpura

 東京・中央区を走る新大橋通りを一本奥に入ると、にぎやかな店員が迎えてくれる「侍 日本橋店」。店内では九州各地から毎日空輸される新鮮な食材を使った本場の郷土料理が提供されています。おすすめは福岡の長浜・福吉・鐘崎の漁港から朝一で直送される鮮魚。刺盛りはもちろん、福岡の郷土料理であるゴマサバで堪能することができます。このほかにも、明太子の天ぷら、がめ煮やもつ鍋、筑紫野市で醸される日本酒「大賀」など、いろいろな福岡の味を楽しめます。日本橋店のほかにも、浜松町店、赤坂店があります。福岡の鮮魚を味わいたくなったら、訪れてみてはいかがでしょうか。

アクセス(日本橋店):東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町駅」2番出口から徒歩1分(東京都中央区日本橋茅場町2-5-6 日本橋大江戸ビル1階)

問合せ先:侍 日本橋店 03-3662-8580

「侍」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

博多うどん よかよか 有楽町店

うどんよかよか

 博多は「うどん発祥の地」と言われていますが、ここ「よかよか」では、懐かしい博多のうどんを堪能することができます。博多のうどんの特徴は、柔らかな麺と透き通っただし汁。おすすめは、地元から直送した丸天をつかった「丸天うどん」。福岡県産の一味唐辛子や柚子胡椒で、味にアクセントを加えることもできます。優しいだし汁は「かしわめし」との相性も抜群!福岡県の酒蔵「株式会社みいの寿」とコラボレーションした「三井の寿 博多うどんよかよか」という日本酒も取り扱っており、明太子や博多揚げ餃子を肴に、夜を楽しむことができます。関東では珍しい博多のうどんが食べたくなったら、「よかよか」までお越しください。

アクセス:有楽町駅から徒歩1分(東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階)

「博多うどんよかよか」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

ごりょんさん 渋谷店

捲き串アヒージョ

 渋谷・宮益坂の路地裏にある「ごりょんさん 渋谷店」。店内は大勢のお客様で賑わっています。お店ではもつ鍋や炊き餃子、とんこつラーメンといった福岡の定番メニューが提供されているほか、明太子のアヒージョなど一風変わった福岡ゆかりの料理を堪能することができます。お店の名物は野菜巻き串。その中でも一番の名物は、肉にぎっしりと詰められたレタス巻き。他にも、博多万能ねぎ巻きやレンコン巻き、アスパラ巻きなど、豊富なバリエーションの巻き串がじっくりと焼き上げられており、野菜と肉の相性も抜群です。福岡の地酒・地焼酎も揃えています。ぜひ併せてお楽しみください。

アクセス:「渋谷駅」、東京メトロ銀座線「表参道駅」から徒歩10分(東京都渋谷区渋谷1-6-3 ヴィラファーストビル渋谷地下1階)

問合せ先:ごりょんさん 渋谷店 03-6712-6700

「ごりょんさん」HPはコチラ (新しいウインドウで開きます)

玄海灘

刺身アジの開き

 日本橋のとあるビルの地下に続く階段を下りて扉をくぐると、博多の味に満ちた「玄海灘」が迎えてくれます。オススメは、福岡の長浜市場から毎日送られてくる鮮魚が絶品の「お刺身」。福岡で食べるものと同じ鮮度でいただくことができます。お醤油はもちろん福岡の刺身醤油で。また、宗像から直送される「オオアジのひらき」は、お皿からはみ出しそうな大きさと、ふっくらホクホクの白身が特徴の一品です。その他、博多一口餃子や福岡の地酒も堪能することができます。「東京で博多のお刺身が食べたい!」と思ったら、是非「玄海灘」を訪ねてみてください。


アクセス:東京メトロ日本橋駅A7 出口から徒歩1 分、JR東京駅八重洲北口から徒歩5 分 (東京都中央区八重洲1-4-4 不二ビル別館地下1階)

問合せ先:玄海灘03-3231-0252

「玄海灘」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

九州鍋家 居酒屋 KATETE 神田店

水炊きがめ煮皿うどん

 神田美土代町のひっそりとした路地裏で、オレンジ色の暖かな看板を構える「九州鍋家居酒屋KATETE 神田店」。「鍋家」という名前のとおり、看板メニューは「もつ鍋」と「水炊き」の2種類の鍋。特に水炊きは「はかた地どり」を使用し、白濁としてコクがありながら、あっさりとした優しい味わい。鍋の〆はおじやがおすすめ。「がめ煮」や「博多太麺皿うどん」といった逸品メニューをはじめ、九州各地の郷土料理も楽しめます。福岡の地酒も扱っていますので、食事と合わせてお楽しみください。

アクセス:都営地下鉄新宿線小川町駅、東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅、東京メトロ丸の内線淡路町駅 A6,B6出口から徒歩1分 (東京都千代田区神田美土代町11-3 近藤ビル1階)

問合せ先:九州鍋家 居酒屋 KATETE 神田店 03-3219-3919

「九州鍋家 居酒屋 KATETE」HPはコチラ (新しいウインドウで開きます)

くるめや

ラーメン骨付カルビ餃子

 久留米ラーメンならではのこだわりのスープ。それは、久留米出身の主人によって、「呼び戻し」といわれる製法で作られています。すっきりしているのにコクのある、独特の深みがある味わいのスープで、久留米らしい中細麺と相性抜群!夜になると、肉汁いっぱいの「骨付カルビ」や、あっさりとしたとんこつベースで味付けされた「鉄鍋餃子」、久留米名物B級グルメもメニューに載るため、「ちょい飲み」も可能です。店内では、福岡ゆかりの歌手による楽曲や、FM福岡が流れており、聴覚でも福岡を感じることができます。

アクセス:都営三田線内幸町駅から徒歩2分、JR新橋駅から徒歩5分(東京都港区西新橋1-18-11 ル・グラシエルビル15)

問合せ先:くるめや 03-6268-8155

「くるめや」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

博多ぶあいそ別邸新宿パークタワー店

もつ鍋

 東京にいながら、本場・博多名物を味わえる「博多ぶあいそ別邸」。福岡の賑やかな「ぶあいそ」とは一味違う落ち着いた雰囲気の店内に入ると、美味しい博多の郷土料理を堪能することができます。2日間かけてじっくり仕込む水炊きはコラーゲンたっぷり!また、博多名物として外せない特製辛子明太子や博多一口餃子など、博多の“うまかもん”が勢揃いです!オススメは何と言っても「博多もつ鍋」。特に醤油味は、地元の「ジョーキュウ醤油」を使い、深い味わいに仕上がっています。福岡の地酒も豊富に取り揃えてあります。

アクセス:JR新宿駅西口から徒歩12分、京王新線初台駅から徒歩8分、都営大江戸線都庁前駅から徒歩8分(東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー地下1階)

問合せ先:博多ぶあいそ別邸新宿パークタワー店 03-5909-8450

「博多ぶあいそ」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

新橋 有薫酒蔵

 

有薫酒蔵1 有薫酒蔵2 有薫酒蔵3 有薫酒蔵4

 昭和53年(1978)の開店以来、新橋で九州の郷土料理を堪能できるお店として有名な有薫酒蔵。毎日九州から空輸する新鮮な食材を使った料理と名物おかみの素敵な笑顔がおもてなししてくれます。がめ煮やいわしめんたいといった福岡の代表的な料理はもちろん、季節に応じてムツゴロウや、エツ、ワラスボなど、ディープな福岡の食を味わうことも出来ます。また、別名‘新橋の居酒屋ノート’として有名な「高校よせがきノート」も魅力のひとつ。昭和62年(1987)に第1号が誕生し、現在では3,000冊を越えるよせがきノートがあります。福岡の食とお酒を味わいながら、出身高校のよせがきノートのページをめくってみてはいかがでしょうか?

アクセス:JR新橋駅日比谷口(SL広場)から徒歩2分、東京メトロ銀座線新橋駅7番出口から徒歩1分(東京都港区新橋1-16-4 りそな銀行ビル地下1階)

問合せ先:新橋 有薫酒蔵 03-3508-9296

「新橋有薫酒蔵」HPはコチラ(新しいウインドウで開きます)

MAISON DELICE sanbancho (メゾンデリス三番町)

 

メゾンデリス1 メゾンデリス2

 千代田区三番町に、糸島食材やデリを販売するショップ「MAISON DELICE sanbancho」がオープンしました。糸島産を中心に九州の食材を産地直送で取り揃えています。産地直送の食材で作られたおむすびやお惣菜、野菜やお米、調味料、加工品を販売しています。糸島みるくぷらんとの「伊都物語のむヨーグルト」や、糸島産ラーメン用小麦「ラー麦」100%で作られた「マル糸ラーメン」など、首都圏ではなかなか手に入らないものばかり。首都圏にお住まいの方で、糸島・福岡の食材をお求めの方は、是非お立ち寄りください。

営業時間:9 時から19 時頃まで(土曜日は17 時頃まで、店休日:日・祝日)

アクセス:東京メトロ半蔵門駅から徒歩9分(東京都千代田区三番町24-25 TYプラザ1階)

問合せ先:メゾンデリス三番町 03-3234-3233

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。