ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

特定疾病とは

更新日:2022年3月8日更新 印刷

 特定疾病とは、罹患率・有病率が加齢と関係する16の病気のことです。

 次のいずれかの要件を満たすものを総合的に勘案し、要介護状態の原因であり、心身の障害を生じさせると認められる疾病のことを指します。

 

 (1) 65歳以上の高齢者に多く発生しているが、40歳以上65歳未満の年齢層においても発生が認められる等、罹患率や有病率(類似の指標を含む。)等について加齢との関係が認められる疾病であって、その医学的概念を明確に定義できるもの。

 (2) 継続して要介護状態又は要支援状態となる割合が高いと考えられる疾病

特定疾病

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。