ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 廃棄物・リサイクル > 産業廃棄物 > 優良産廃処理業者認定制度について

本文

優良産廃処理業者認定制度について

更新日:2020年2月25日更新 印刷

優良産廃処理業者認定制度

 

 この制度は、産業廃棄物処理業の実施に関し優れた能力及び実績を有する者の基準(優良基準)に適合する産業廃棄物処理業者を認定し、認定を受けた者について、通常5年の産業廃棄物処理業の許可の有効期間を7年とする等の特例を付与するものです。

 

 優良産廃処理業者認定制度概要(環境省ホームページへのリンク)(新しいウィンドウで開きます。)

 

注意事項

 この制度は、廃棄物処理法施行令第6条の9第2号、第6条の11第2号、第6条の13第2号及び第6条の14第2号の規定により設けられたもので、処理業者の取組に目標を与え、優良な処理業者へと誘導するためのものです。
 優良認定は、処理業者が不法行為や不適正処理を行わないことを県が保証するというものではありません。また、公開された情報の内容の良否(財務状況や処理方法の先進性等)を県が評価するものではありません。

優良認定を受けることによる主なメリット

 

1 産業廃棄物処理業の許可の有効期間の延長

 優良認定を受けた者については、通常5年の産業廃棄物処理業の許可の有効期間が延長され、7年となるため、許可の更新に関する事務負担軽減につながります。

 

2 産業廃棄物保管数量の優遇

 令和元年9月4日に廃棄物処理法施行規則が改正され、優良認定を受けた産業廃棄物処分業者については、処分又は再生のために廃プラスチック類を保管する場合は、その保管上限を処理施設の処理能力の28日分までとすることができることとなりました。ただし、対象となる廃プラスチック類は、他の廃棄物とは区分して保管する必要があります。

 なお、保管上限の変更については届出が必要となりますので、変更に際しては、廃棄物対策課と事前に協議を行うようお願いします。

優良認定を受けるための手続について

 産業廃棄物処理業(特別管理産業廃棄物処理業)の許可更新申請とあわせて、優良認定申請を行うことができます。

 申請を行うよう検討している方については、事前に、申請先となる保健福祉環境事務所(収集運搬業者の場合)又は廃棄物対策課(処分業者の場合)と協議いただきますようお願いします。

 なお、福岡県知事の許可を受けて5年以上の実績を有している処理業者にあっては、当該許可の更新期間の到来を待たずして、優良認定を伴う許可の更新申請を行うことができます。
 期間の到来を待たずして優良認定を伴う許可の更新申請を行い優良産廃処理業者となった場合、新たな許可期間は更新の許可の日から7年間となります。

 優良認定の申請には、通常の更新許可申請書と別に必要な書類を添付しなければなりません。必要書類につきましては、下記リンク先の3「優良産廃処理業者認定制度について」に記載しておりますので、ご確認ください。

 

 産業廃棄物処理業許可に係る申請手続の御案内(新しいウィンドウで開きます。)

優良認定を受けた者の名簿について

 

 福岡県知事の優良認定を受けた者については、下記リンク先に掲載している産業廃棄物処理業者名簿にて、優良認定を受けた者である旨示した上で公開しています。

 

 産業廃棄物処理業者名簿(新しいウィンドウで開きます。)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。