ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 介護・高齢者福祉 > 介護職員・介護支援専門員 > 介護現場の多様な働き方を実現するモデル事業への参加施設を募集します

本文

介護現場の多様な働き方を実現するモデル事業への参加施設を募集します

更新日:2021年9月3日更新 印刷

生産年齢人口の減少が本格化していく中、限られた人材で、多様化、複雑化する介護ニーズに対応するためには、介護職員のキャリア・専門性に応じた機能分化や多様な人材によるチームケアの実践等が必要となります。

本県では、介護人材の参入環境の整備、定着促進等を図るため、介護助手等多様な人材の参入を促し、機能分化による介護の提供体制や、地域の事業者間・多職種連携による介護業務効率化等について、先駆的な取組を実施するモデル施設を募集します。

1 対象

介護保険法上の介護サービスを行う福岡県内に所在の事業所

※県内4地区(福岡地区・北九州地区・筑豊地区・筑後地区)から各1施設選定

2 募集期間

令和3年9月3日金曜日から令和3年9月24日金曜日

3 申込について

(1)申込方法

以下の申込用紙に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込みください。

 公募チラシ・申込用紙 [PDFファイル/992KB]

(2)申込先(事業受託者)

麻生教育サービス株式会社

医療福祉事業部 人材育成支援課

TEL 092-292-7456

FAX 092-482-0453

4 モデル事業の内容例

モデル施設には、以下(1)から(4)のような事業に取り組んでいただきます。

(1)地域の特性を踏まえ、介護助手等多様な人材を呼び込み、OJT研修等により育成する事業

(2)外部コンサルタントの助言を得ながら以下アからウの視点により実施する事業

 ア リーダー的介護職員等の人材育成

 イ 利用者の重度化予防、自立支援

 ウ 介護職のキャリア、専門性に応じたサービス提供体制のもとでの、多様な人材によるチームケアの実践

(3)一連の実践を踏まえた効果の検証、さらなる改善点の検討に係る事業

(4)その他本事業の目的を達成するため、県において必要と認められる事業

5 モデル施設への支援

モデル施設が4の事業に取り組むに当たっては、本県として以下の支援を行います。

コンサルティングの実施

モデル施設に対して、身体介護などの専門職が担っている付帯業務の切り分け、切り出しと、その業務の効率化に関するコンサルティングを、事業受託者を介して実施します。

モデル事業に係る経費の補助

モデル事業に係る経費について、以下のとおり補助します。

対象経費

報酬、給料、職員手当等、賃金、報償費、旅費、需用費(消耗品費、燃料費、印刷製本費、光熱水費、修繕料、食糧費)、会議費、役務費(雑役務費、通信運搬費、手数料、広告料、保険料)、委託料、使用料及び賃借料、備品購入費、助成金

補助率

10分の10

補助限度額

3,500,000円

補助金に関する資料

福岡県介護職チームケア実践力向上推進事業費補助金交付要綱 [PDFファイル/236KB]

※この補助金の交付の対象となる事業は、補助金交付要綱第4条(1)イからニに規定する事業です。

補助金交付要綱様式 [Wordファイル/64KB]

補助金交付要綱添付書類 [Excelファイル/38KB]

6 スケジュール(予定)

令和3年10月上旬から下旬頃 モデル施設選定、モデル施設からの補助金交付申請受付

令和3年10月上旬から令和4年1月頃 モデル事業、コンサルティングの実施

令和4年1月下旬から令和4年3月頃 モデル事業の成果確認、評価

令和4年3月から4月上旬 モデル施設から補助金実績報告

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)