ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 被災者支援 > 令和元年台風第19号による災害の復旧・復興に係る宮城県などへの長期派遣の辞令交付式を行いました

本文

令和元年台風第19号による災害の復旧・復興に係る宮城県などへの長期派遣の辞令交付式を行いました

更新日:2019年12月26日更新 印刷

 今年10月に台風第19号により、東日本を中心に甚大な被害が発生しました。
 12月26日、全国知事会を通じた宮城県からの要請に基づき、令和2年1月1日付けで宮城県および宮城県角田市に長期派遣する本県職員3名に、小川知事から辞令を交付しました。
 知事は、派遣職員に対し、「本県も3年連続で被災をしており、それぞれの被災地の復旧・復興に全力を挙げているところですが、一方で県外の被災地についても県としてできる限りの支援をしていきたいと考えております。これまで培ってこられた経験、知識を最大限活かし、宮城県、被災地の皆さまのために頑張っていただきたい」とあいさつしました。

派遣職員に辞令を手渡す知事

(写真)辞令交付の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。