ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > スマート農業研修会を開催

本文

スマート農業研修会を開催

更新日:2022年8月18日更新 印刷

日射量に合わせたかん水管理の自動化

 令和4年7月28日、田川地域の施設園芸農家を対象に、管内市町村やJAたがわ、田川普及指導センター等で構成する田川農業振興協議会園芸畜産部会の主催によりスマート農業研修会を開催しました。
 スマート農業は、施設・機械の自動化やハウスの遠隔管理、作業記録のデジタル化、作業のアシスト機器など多岐にわたるため、まず、普及指導センターから、スマート農業の種類や機能等について説明を行いました。
 その後、環境制御機器メーカーである株式会社ニッポ-の三竿氏を講師に招き、日射比例式自動かん水装置の導入について研修を行いました。
 日射比例式自動潅水装置は、日射量つまり、日光の強さにより変化する作物の吸水量にあわせ、自動的にかん水量を調整する装置で、今までより効率的に水や肥料の吸収を行えるようにしたものです。講演では、日射比例式のかん水の必要性や設備導入後の効果などが紹介され、参加した生産者からは、設置費用や設置方法について具体的な質問があり、導入の検討につながっている印象でした。
 普及指導センターでは、今後もスマート農業の情報発信を図り省力化と共に収量・品質の維持向上の支援を行っていきます。

スマート農業研修会の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。