ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 労災保険による土地利用型農業の経営の確立

本文

労災保険による土地利用型農業の経営の確立

更新日:2022年2月22日更新 印刷

水田農業経営アドバイザー派遣支援

 土地利用型農業に取組む西山氏は水稲20haと小麦4haを経営する他、代かき、田植え、収穫、乾燥調製等の約40ha分を作業受託しています。
 現在、家族の他に2名の臨時雇用を入れていますが、労災等の労働環境整備について、福岡県水田農業経営アドバイザー派遣事業を活用し、社会保険労務士による勉強会を開催しました。
 社会保険労務士より、雇用するには労務管理(名簿、賃金台帳、出勤簿等)が重要であることや募集する場合の注意点、採用後の留意点、農作業死傷事故の発生状況、労災保険の重要性について指導を受けました。
 特に、仕事上での負傷、疾病、死亡については、事業主がその労働者に補償する義務があり、事業主の費用負担は膨大な金額となりうるため、これらを補償する労災保険加入の重要性について、説明がありました。さらに、労災保険の具体的な事例紹介があり、雇用者の労災保険加入への誘導を行い加入することになりました。
 普及センターでは、雇用時の労務管理徹底を呼び掛け、土地利用型農業の安定した経営確立を支援します。

社会保険労務士による勉強会

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。