ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 田川地域農業振興協議会園芸畜産部会が現地視察を開催

本文

田川地域農業振興協議会園芸畜産部会が現地視察を開催

更新日:2021年10月19日更新 印刷

実証ほでの園芸栽培技術の情報交換

 令和3年10月1日、田川地域農業振興協議会園芸畜産部会の現地視察が行われました。
 田川地域農業振興協議会 園芸畜産部会は、管内の園芸や畜産の振興を目的とした田川普及指導センターや、JA、市町村等、関係機関による協議会です。
 今回の研修会では、アスパラガスの病害軽減対策、イチジクの高温障害対策の実証ほで情報交換を行いました。
 アスパラガスの実証ほでは、擬葉の軟弱化を抑えるため、カルシウム資材を葉面散布することで、斑点性病害の発生を抑制する試験を紹介しました。散布区と無散布区では、病気による茎葉の黄変に明らかな差がみられ、試験を実施した農家も満足した様子で説明していただきました。
 イチジクの実証ほでは、高温による障害果の低減を図るため、ハウスの妻面を垂直に巻き上げることで通気性を高め、ハウス内温度の上昇抑制を図る試験を紹介しました。効果は判然としませんでしたが、次年度も調査時期を変更し、引き続き高温対策の実証を行います。また、参加者から「低コストで自家施工が可能」「夏季の高温対策として他の園芸品目にも応用ができる」などの意見が出され、有意義な情報交換となりました。
 普及指導センターは、田川地域農業振興協議会園芸畜産部会の活動を通じて、管内の園芸品目の生産性向上に向け、関係機関と連携をとりながら支援を行っていきます。

アスパラガス実証ほの様子
イチジク実証ほの様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。