ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 営農活動の本格的始動

本文

営農活動の本格的始動

更新日:2020年11月30日更新 印刷

かわら夢ファーム麦播種開始


 農事組合法人かわら夢ファームは収益性の向上を目指し、令和3年産の麦の生産に取り組みます。11月14日から播種を開始し3日間で7.4haの播種を終えました。
 同法人は福岡県農林業総合試験場で開発された部分浅耕一工程播種を導入しており、田川普及指導センターの指導のもと、トラクター2台を使い、播種機の播種深度の設定を行いました。
 20数年ぶりの麦播種でしたが、ロータリーの重なりなどの設定をオペレーターが各自で確認しながら、播種作業は順調に進みました。麦栽培では排水対策が重要なため額縁明渠を片培土板を活用して施工しています。
 今後、踏圧や1月中旬・2月下旬の追肥と培土、穂揃い期追肥、赤かび病防除などの基幹作業を適期に実施できるように田川普及指導センターは今後も農事組合法人かわら夢ファームの営農活動を支援します。

ミキサーを使った麦の播種前準備
麦播種機の調整作業

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。