ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 新型コロナウイルスに負けない花づくり!!

本文

新型コロナウイルスに負けない花づくり!!

更新日:2020年9月4日更新 印刷

JAたがわ花卉部会添田支部現地検討会を開催

 

 令和2年7月17日にJAたがわ花卉部会添田支部は現地検討会を開催しました。当日は、部会員、市場関係者、JA、添田町、田川普及指導センターの計18名が参加しました。

 現在、JAたがわ花卉部会添田支部は部会員17名で活動しており、多品目栽培による周年出荷を行っています。また、花のPR活動では、役場玄関での花の展示、英彦山神宮への献花、花育活動では、添田小学校、中学校への花束提供を行う等、花に関する活動がとても活発な部会です。

 まず、参加者は部会員のほ場8か所の巡回を行い、施設ギク、ケイトウ、トルコギキョウ、ダリアを中心に生育状況を確認し合いました。その後、市場関係者からは、今後の市場流通について説明があり、コロナの影響で入荷量の低迷が見られたものの、今後は安定的な出荷量を期待しているとの説明がありました。また、田川普及指導センターからは、出荷の安定に向けて近年夏に発生が多くなっているヤガ類、ハダニ類の対策について説明を行いました。

 参加者からは、追肥の散布方法や水揚げ等、栽培技術や出荷について活発な意見交換が行われ、新型コロナウイルス感染症の影響に負けない品質向上を図り、花づくりに取り組むことを申し合わせました。

 普及指導センターは、今後も部会内での現地巡回を行う際に、栽培技術や病害虫防除の対応を行い、品質向上に向けた支援を行っていきます。

 

ケイトウのほ場
検討会の様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。