ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 株式会社鳥越ネットワークが「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」で九州農政局長賞を受賞

本文

株式会社鳥越ネットワークが「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」で九州農政局長賞を受賞

更新日:2020年3月30日更新 印刷

有機農業による環境保全の取組が評価

 本年度の「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」(主催:農林水産省)における有機農業・環境保全型農業部門において、赤村の株式会社鳥越ネットワークが九州農政局長賞を受賞しました。
 このコンクールは、農業の自然循環機能を活かし持続可能な農業の確立を目指して意欲的に取り組んでいる農業者等を表彰するもので、平成26年から実施されています。
 同社は長年にわたる試行錯誤の結果、2009年には有機JAS認証を取得し、現在、自社で生産する水稲、セロリ、トマト、ミニトマト等のほぼすべてを有機農産物として生産しています。また、九州地区の生産者とのネットワークづくりや積極的な消費者との交流等に加え、JGAP認証を取得し生産工程管理の面からも持続可能な農業生産・経営の実践に取り組まれていることが、今回の受賞につながりました。
 今年は新型コロナウイルスの影響のため九州農政局で開催される表彰式は中止されましたが、3月17日(火曜日)に農政局が来村され、役場町長室にて賞状授与式が行われました。当日は村長、副村長、産業建設課長ご臨席のもと、農政局より代表の鳥越和廣氏と理事の鳥越耕輔氏に賞状が手渡され、栄誉が称えられました。受賞された鳥越氏は、これを励みに改めて有機農業の実践と拡大に向けて取り組む決意をなされていました。
 普及指導センターは、農業の持つ自然循環機能を活かした持続可能な農業生産活動を支援し、田川地域の農業振興に取り組んでいきます。

受賞した鳥越和廣代表と耕輔氏

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。