ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > 小松菜部会全体会議、目合わせ会が開催されました

本文

小松菜部会全体会議、目合わせ会が開催されました

更新日:2019年12月4日更新 印刷

更なる産地の拡大に向けて

 令和元年11月22日(金曜日)、JAたがわ川崎集荷場会議室において、JAたがわ小松菜部会全体会議及び目合わせ会が開催されました。
 現在、田川地域では新しく小松菜栽培に取組む若手生産者が増加しており、部会員26名のうち12名が49歳以下となっています。全体会議には21名の生産者が参加し、普及指導センターから現在行っている品種比較試験の結果と各品種の情報について講習を行いました。
 また、目合わせ会では規格の再確認を行い、若手生産者からベテラン生産者まで意見が飛び交う活発な議論が行われました。
 参加者からは、「今後の品種を選ぶ際は、自分の経営にあった品種を選ぶようにしたい」、「葉かぎをするときに迷うことがあるので、改めて規格の確認ができて良かった」といった意見が聞かれました。
 田川普及指導センターでは、今後も小松菜生産者の所得向上に向けた支援を行っていきます。

目合わせ会の中で部会員が意見交換する様子

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。